UNCLEOWEN blog

enter UNCLEOWEN's web
enter UNCLEOWEN's Facebook
follow UNCLEOWEN's twitter
enter UNCLEOWEN TV
enter UNCLEOWEN's web shop
ダンカン
■SNUFFのライブは最高でした!
やっぱオラー『REACH』が好きダ。
f0195042_1923854.jpg


Duncan's Divasの時にDuncanがギター弾きながら歌ったSNUFFより、やっぱり叩きながら喉で歌うDuncanだー。
テンションあがって、帰りにi-PODで『SNUFF』聴こうと思ったら『SNFU』しか入って無かったっす。。
ブックオフみたいな出来事。
自分のi-PODの中で起こると寂しい。

でも、BILLY NO MATESが入ってたんで助かりました!


■MR. IRISH BASTARDが好きなお酒シリーズ!
f0195042_19102293.jpg

エッグノッグってゆうオランダのお酒だそうな。
生卵にブランデーと砂糖が入った、、、、オエ、気持ち悪い。。。
俺は無理っす、バスター先輩。。

「見かけたら是非飲んでみな!俺達なんかエッグノッグ忘れてステージに上がっちまうとファン達に突っ込まれちまうんだ、おい!エッグノッグはどうしたー!ってね(笑)ガハハハハハー(爆笑)」
by The Irish Bastard(Vo,Gt)


すいません、キャラ濃いめで対訳したらこんな感じです。
The Irish Bastardはいい奴ですよ、すごく。

YAHOO!ニュースにUNCLEOWEN立ち上げのニュースがアップされました!
f0195042_1919440.jpg

ホリエモンっつーか、泰葉っつーか、真木よう子っつーか、、芸能人様方に混ぜさせて頂いた気分です。。。
すいません、調子乗らずに頑張ります。

あーーー真木よう子が好きっす。
「松井がロイヤルなんて生意気~」って言われたいっす。
あのCMね。


UNCLEOWENのホームページはコチラ
UNCLEOWENのマイスペースはコチラ
[PR]
# by uncleowen | 2008-10-30 19:21 | MR.IRISH BASTARD | Comments(0)
FOLLOW UP
■今日はSNUFFの来日に行きます!
すげー楽しみです。
更にトロゴリも観れるんで楽しみです。

■PUNKIDSさんから発売されている、SNUFFの子供TシャツとCDのセット。
f0195042_1461827.gif

数々のレア盤に収録されてきた、「アンンパンマン」やら「およげたいやき君」やら「にんげんっていいな」やらが入った特別コンピ付きなんですね。

僕に子供がいたら即買いです。
この企画は凄い羨ましいです。

なので早く結婚して子供欲しいっすねーーーーーー。。。

■FOLLOW-UP用にMR. IRISH BASTARDにインタビューしました。
お相手はフロントマンのThe Irish Bastard(Vo,Gt : 以下TIB)です。
そこでこんな会話が、、、

●ドイツには他にもアイリッシュ・スタイル・パンク・バンドは多いの?
TIB:多少だね。FIDDLER'S GREENは中でも最も人気のあるバンドだよ。奴らは最高なんだ!BLOOD OR WHISKEYもいるしね。更にみんなパーティー好きなんだ。この前のツアー(SHAMROCK CLASH 2008)でもバスの中でずっと飲んだくれてたよ(笑)。運転席にビール瓶が転がってってね、「おい!こりゃあ正にロックンロールじゃねーか!」って盛り上がったよ(爆笑)。

。。。。。。。やっべ、、、、、笑いに国境を感じてしまいました。。。
外人の笑いでの例えって難しいっす。。。。


UNCLEOWENのホームページはコチラ
UNCLEOWENのマイスペースはコチラ
[PR]
# by uncleowen | 2008-10-29 14:19 | MR.IRISH BASTARD | Comments(0)
映画
■『20世紀少年』の映画を観て来ました。
その前は『アイアン・マン』も観ました。

『20世紀少年』の主題歌はT.REXで"20th century boy"、
『アイアン・マン』はBLACK SABATHで"Iron Man"。
どっちの曲も『ロード・オブ・ドッグタウン』で流れてたなーって思いました。

やべ、どうでもいい事っすね。
いつか自分とこのリリースの曲が映画に使われればなーって思います。

■TOUCH AND GOの新バンド、CRYSTAL ANTLERSがめちゃめちゃ格好よかったです。
f0195042_17314660.jpg

まだEPしか出てないんで、アルバムが楽しみです。
何やらMARS VOLTA関係のバンドらしく、音もMARS VOLTA直系のカオティックっぷり。
更にハードコア寄りになった感じっす。

■あーアイリッシュにぜんぜん関係ねーなーって思ったんで、アイリッシュ・パンク・ネタを一つ。
ex-THE LIVING ENDとオーストラリアが誇る隠れた名バンド、男女ツイン・ボーカルでのフィエスタ、MUTINYのメンバー等によって結成された噂のバンド『THE CURRENCY』の初アルバムが来年発売します。
それに先駆けて発売された2曲入りEP『888』を少量ですが、UNCLEOWENで入荷しようと思います。
f0195042_17413839.jpg

帯と対訳・解説を付けたものを日本発売できればなーなんて考えておるわけです。
詳細は追って報告します。

このバンド最高です。
MUTINYファンはもちろん、FLOGGING MOLLY、DROPKICK MURPHYS系のPOGUESチルドレン、はたまたGOGOL BORDELLOやMANO NEGRA的なお祭り好きに、全力でオススメです。
楽しみにしていてください~


UNCLEOWENのホームページはコチラ
UNCLEOWENのマイスペースはコチラ
[PR]
# by uncleowen | 2008-10-28 17:45 | THE CURRENCY | Comments(0)
今日は
■これからライブに行って来ます〜♪

f0195042_17373081.jpg


ROYAL SHAMROCKさんの企画です!
楽しみです♪

明日は渋谷のTHRASHER'S NIGHTに行って来まーす。

■上の文について。
ちょっとはじけて文章を書いてみました(汗)
でも楽しみなんです。

僕ですね、普段のメールや、このブログや、mixiでもそうなんですけど、、、
基本的に無表情な文章しか書けないんですね。
タナカ大先輩にも何度突っ込まれた事か。。
根暗なオタクで個人行動派(集団に入ると絶対に乱します)なんで、、
しかも性格を世の中に合わせるつもりは無いんで。
あ、でも最低限は合わせていこうと思っている次第です。
なんで、まずは文字から感情表現をしていこうと思います。
結構にやけながら文章書いてるんでね、、
文字も勝手ににやけてくれればいーんに。

■「かたすかし」のデモを買いました。
f0195042_17454070.jpg

The D.O.D.のドラムのバンドです。
別に仲悪いから、こっそり買ったとかじゃ無いです。
"ファンシー"?的な曲(←超適当っすね。。すんません。)が好きです。
是非あなたもかたすかされてみて下さい。
そもそも300円という低価格ではかたすかされません。
ユニオンで買えます

■REAL MACKENZIESのLPを買う。
f0195042_17502498.jpg

同内容のCDも付いてきて、CDより安い金額。
もう外人の価格設定よくわかんないっす。

以前NOFXと一緒に来日した時は、最低のライブ・パフォーマンスでがっかりしましたが。。
酔っぱらい過ぎ、ステージ上でメンバー同士で喧嘩、歌えない等。。。。。
やっぱりアルバム聴くとまた観たくなりますね。
来ないっすかねー。


UNCLEOWENのホームページはコチラ
[PR]
# by uncleowen | 2008-10-25 17:56 | REAL MACKENZIES | Comments(0)
ブログは書き続けなけりゃ意味が無い
って事で金曜の夜ですが書きます。

MR.IRISH BASTARDから日本のファンへ向けてのメッセージが届きました!
f0195042_2171163.jpg


突然The Irish Bastard(Vo)からメールが来まして、「ヘイ!この文を日本語に訳してくれ!」って言われたんで訳しました。
そしたら次の日彼らのHPMY SPACEにアップされてるじゃないっすか!
ただ、、、
僕がテンション任せに書き足した「飲んだくれ挨拶」は見事にカットされてました。。
さては、、ドイツに日本人の友達いる?
恥ずかしいっす僕。

ミスター・アイリッシュ・バスタード。
粋ですね。
僕も誇りに思ってますよ。


UNCLEOWENのHPはコチラ
[PR]
# by uncleowen | 2008-10-24 21:12 | MR.IRISH BASTARD | Comments(0)



アンクローウェン / アンクルオーウェンのブログ。UNCLEOWEN's diary by The Japanese bastard
by uncleowen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログパーツ
ライフログ
検索
カテゴリ
全体
ACROSS THE BORDER
AGAINST ME!
THE AGGROLITES
AHEAD TO THE SEA
ALLY BAND
AMY WINEHOUSE
ANUNA
BABEL ORKESTA
BARBARELLA'S BANG BA
THE BARKINS
THE BARONS OF TANG
BASTARDS ON PARADE
BASTIAN BAKER
BEN MAZUE
BILLY CHILDISH
THE BLACK TARTAN CLA
BLOOD OR WHISKEY
THE BLUE BLOODS
BRICK TOP BLAGGERS
CARLOS NUNEZ
CATGUT MARY
THE CEILI FAMILY
CIRCLE J
THE CHIEFTAINS
CRASH NOMADA
THE CREEPSHOW
CRUACHAN
THE CURRENCY
DARKBUSTER
DICK EL DEMASIADO
DOCKSIDE HOOKERS
THE DREADNOUGHTS
DREAM CATCHER
DROPKICK MURPHYS
DUBLINERS
DUCKING PUNCHES
EMIR KUSTURICA
FAR FROM FINISHED
FARLER'S FURY
FIDDLER'S GREEN
FIFIN MARKET
FIRKIN
FLATFOOT 56
FLOGGING MOLLY
FOIENOORD
FRANK TURNER
GAZ MAYALL
GILLES PETERSON
GOGOL BORDELLO
THE GREEN BANSHEES
GREENLAND WHALEFISHE
GYPSY SOUND SYSTEM
HAPPY OL'McWEASEL
THE HOLLOW POINTS
IN SEARCH OF A ROSE
JOHNSONS MOTORCAR
JUMP WITH JOEY
KADEBOSTANY
KITTY, DAISY & LEWIS
KOMODO
KORPIKLAANI
KRISTIAN ANTILLA
LEXINGTON FIELD
LIVING LACHE
THE MAGNIFICENTZ
MAHONES
THE MAHONES
MALLACAN
MATE POWER
THE MIGHTY REGIS
MOCEAN WORKER
MoDERN B Beard
MODERN SOUND QUINTET
MOHIKAN FAMILY'S
MR.IRISH BASTARD
MUSTANG
MUTINY
OLEDICKFOGGY
ONDA VAGA
PADDY AND THE RATS
PERHAPS CONTRAPTION
PERKELE
PINCH OF SNUFF
THE POGUES
PURPLEXER
QUANTIC
RAFVEN
THE RAMSHACKLE ARMY
REAL MACKENZIES
RIDDIMATES
ROB LYNCH
Robert Soko
ROYAL BUSTER
Royal SHAMROCK
THE RUMJACKS
RUM RUNNER
SHANE MACGOWAN
SHARON SHANNON
SIR REG
SKINNY LISTER
SONIDO SAN FRANCISCO
STREET DOGS
TODOPODEROSO POPULAR
THE TOSSERS
THE TROJANS
UNCLE BARD & THE DIR
THE UNDERTONES
VERY BE CAREFUL
VESPA
VIC RUGGIERO
THE WAKES
THE WELCH BOYS
WHISKEY ASYLUM
YALTA CLUB
THE ZEN HUSSIES
浅草ジンタ
踊ろうマチルダ
菅野克哉
きのこ
五社義明 (Jr.)
日々
未分類

ブズーキ
FLYING V
最新の記事
祝15周年 レーヴェン(Rä..
at 2018-03-26 16:53
Bastian Bakerの..
at 2018-03-23 18:13
ドイツの友達が
at 2018-01-24 11:26
Barbarella's B..
at 2017-10-24 16:49
Fiddler's Gree..
at 2017-09-07 19:25
タグ