UNCLEOWEN blog

enter UNCLEOWEN's web
enter UNCLEOWEN's Facebook
follow UNCLEOWEN's twitter
enter UNCLEOWEN TV
enter UNCLEOWEN's web shop
タグ:Korpiklaani ( 4 ) タグの人気記事
Korpiklaani x Fiddler's Green Japan Tour 2017 超先行チケット販売〆切は明日!
■9月に開催となるコルピクラーニ(Krpiklaani)とフィドラーズ・グリーンの来日ツアーの超先行チケット販売の〆切は明日5/12です。


もう予約は完了しましたか?
お見逃しなく。

■【2016年10月28日発売!】世界最速最狂スピードフォークFiddler's Green(フィドラーズ・グリーン)ニューアルバム『悪魔のスピードフォーク〜Devil's Dozen』
悪魔の数字13枚目のフルアルバムに収録した全13曲は悪魔の1ダース!過去最狂ハードに飛ばす、悪魔に捧げるスピードフォークにボトムズ・アップ(乾杯)!日本盤には活動26年目に突入したフィドラーズ・グリーンの歴史が全て分かる、奥村裕司による長編バイオグラフィー掲載!
f0195042_17062080.jpg


更に!Korpiklaaniと共に待望の初来日ツアーが決定!
f0195042_16342383.jpg
Korpiklaani & Fiddler's Green Japan Tour 2017

日時と場所:2017年
9/16(土)大阪 梅田amHall
9/17(日)名古屋 大須RAD HALL
9/18(月祝)東京 恵比寿LiquidRoom

OPEN/START、チケット料金、販売:TBA

■【発売中】Bastian Baker(バスティアン・ベイカー)3rdアルバム『FACING CANYONS Japan Edition』は世界を旅して作られたよりフォークな11曲。日本盤ボーナストラック3曲追加収録。
f0195042_15405319.jpg

◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■アイリッシュパンク〜ワールドミュージック専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?おいしい情報のみをお届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」ではUncleowenのツアーグッズ、限定商品を中心にアイリッシュパンク〜ワールドミュジック系商品を取扱っています。
f0195042_15505610.jpg
◆発売中
V.A.『Folk Rock 3』(タワーレコード限定販売)
Gypsy Sound System Orkestra(ジプシー・サウンド・システム・オーケストラ)『VOL.1』
Mocean Worker(モーション・ワーカー)『MOCEAN WORKER』
Mr. Irish Bastard(ミスター・アイリッシュ・バスタード)『THE WORLD, THE FLESH & THE DEVIL Japan Edition』

[PR]
by uncleowen | 2017-05-11 15:53 | FIDDLER'S GREEN | Comments(0)
FIDDLER'S GREEN インタビュー Vol.1
■どうも。
以前ちょろっとお話ししました、FIDDLER'S GREENのインタビューを3日に分けて掲載します。
答えてくれたのはベースのRainer。インタビューは今回解説も担当して頂いた奥村裕司氏。

まず最初に奥村さんとの出会いを紹介させて下さい。
何年前ですかね?当時僕はハウリングブルという主にメタルのレーベルで働いていました。
先輩のカミーンさんが当時担当していてバンドが、あの森メタル、KORPIKLAANI(コルピクラーニ、以下コルピ)。
そのコルピ来日時に、抽選で選ばれたファン参加方のBBQパーティーが都内某所であったんですね。
コルピと一緒に肉を食おう!という事で、コルピのメンバー全員が楽器を持って参加し、一緒に肉を焼き、喰らい、歌を歌い、酒を飲む!といった最高の祭りでした。
その時に僕はカミーン先輩の手伝いとして、当時同じくブルだったDOOM先輩と参加しました。
この模様は当時のBURRN!誌(何号かは分かりません)にも掲載されているんですよ。
その時に写真を撮ってくれていたのが、奥村さんでした。
一緒に肉も焼きましたし、一緒に鉄板も洗いました。
遊びと、仕事が見事に融合して、本当に楽しい時間を過ごした記憶がまだ残ってます。

あれから何年経ったでしょうか?
あの頃、あの現場にいた人達は皆ex〜になってしまいました。
ハウリングブル、インターFM、BURRN、EAT MAGAZINE、、、、
今またこういった形で一緒にお仕事が出来て本当に嬉しいです。
そして綱一本ながら、やっと繋がったフォーク・メタルとアイリッシュ・パンクの島。
あとはこの綱から、橋を作るのが、、、、僕らの使命と言ったら言い過ぎですね。とにかく大きなムーブメントとなるように頑張っていきたい次第です。

■それでは奥村さんによる、FIDDLER'S GREEN史上、最も長編で内容の濃いいいいインタビューをどうぞ!
ますはVol.1!

[Vol.1]
────バンド結成時、あなた達が目指したサウンドとは?
f0195042_11652.jpg

Rainer Schulz(写真:前列中央、以下RS):俺達が目指したのは、アイリッシュ・フォークをロックして演奏するバンドだ。当時、大抵のフォーク・バンドはゆったり演奏していて、殆どが退屈だったからね。勿論、THE POGUESだけは例外だったけどさ!

──メンバーの音楽的影響というと?
RS:沢山あり過ぎて、挙げていったらキリがないよ。でも、THE BEATLESとTHE POGUESは確実だ。あとは、CROSBY STILLS NASH & YOUNGからSLIPKNOT、MESHUGGAH、HEAVEN SHALL BURNまで、とにかく色々なジャンルの色々なバンドから影響を受けているんだ。

──あなた達は初期から、他の多くのドイツのバンドとは違い、オリジナル曲にも母国語ではなく英詞を採用してきましたね?
RS:俺達はアイリッシュ・トラッドのカヴァーを沢山やっている。その際、歌詞をドイツ語に翻訳したくないと思ったのが発端さ。ドイツには、アイリッシュの曲をドイツ語に訳して、酷いヴァージョンで歌うバンドが多かったから、その反発もあったんだろう。

──デビュー作『FIDDLER'S GREEN』('92)をリリースしたレーベル、Deaf Shepherd Records はどのようにして設立されたのでしょうか?
f0195042_1154389.jpg

RS:当時、俺達の音楽をリリースしたがるレーベルはなかった。それなら自分達でアルバムを出そうと、俺が立ち上げたのさ。でも、あの時自分達で動いたからこそ、俺達は今、大きな成功を手にしているんだろうな。

──その後、'96年にFIDDLER'S GREENはメジャーのPolydorと契約を交わしますね?
RS:ああ。あの頃は、それが俺達のステップアップになると信じていたよ。でも──ここでみんなにアドヴァイスしておきたいことがある。もしメジャー・レーベルから電話をもらったとしても、舞い上がってちゃダメだ。札束に惑わされるんじゃない。でないと、バンドとして魂を失うことになるからな!

──Polydorから2枚のアルバム『ON AND ON』('97)と『SPIN AROUND』('98)を発表した後、次のライヴ作『STAGEBOX』('99)はEastWestの配給でリリースされましたね? ところがその次の『ANOTHER SKY』('00)で、あなた達は再びDeaf Shepherd Recordsに戻ってきます。当時の状況を教えてください。
f0195042_1164239.jpg

RS:EastWestには、俺達の前のマネージャーがいたから移籍したんだ。でも、この時期にメジャーに進出したからといって、俺達はスーパースターには成れなかった。それどころか、メジャーに所属しているが故に経験する挫折を、全て味わうことになったんだ。メジャー・レーベルというところは、担当者が変わったとかそれだけで、突然バンドのケアを放棄する。そのために、不安に陥り、悲しい思いをするバンドがどれだけいたか…。だから俺達は、自分達で立ち上げたインディ・レーベルに戻って来られて、むしろハッピーなのさ。考えてもみてごらんよ。自分達のことを自分達以上に知っているヤツなんて、どこにもいないんだよ。

──そういえば、『SPIN AROUND』の前にアメリカのLAを訪れていたそうですね?
RS:ああ。でも残念なことに、俺達のアルバムがアメリカでリリースされることはなかった…。その代わり…ではないけど、LA滞在中に“FLOGGING MOLLYという全くの無名バンドが見出された”という話を耳にしたよ。

〜続く

■アイリッシュ・パンク畑の人々にちょっと紹介を。
その残虐なリフ、ボーカル、ガリッガリのモッシュパートでお馴染みのHEAVEN SHALL BURN。『INVICTUS』というアルバムでは、アイルランドで最も有名なハードコア(?)バンド、THERAPY?のカバーを披露しています。
更にHEAVEN SHALL BURNと同じ並びで日本でも紹介されているMAROONも、『ORDER』というアルバムで、THE UNDERTONESの曲をカバーしています。他にもきっとまだまだあって、僕が知らないだけなんでしょう。まずは、機会がありましたら上記の曲を聞いてみて下さい。きっとまた新たな発見がありますよ。

ドイツでは、フォーク・メタルとアイリッシュ・パンクが共存し、更にはハードコア勢ともそのうち上手く絡んでいける状況が出来ている、いや既に生まれもってフォークやアイリッシュで繋がれる部分は持っているという事でしょう。
なんて楽しい国なんだ!!


f0195042_1636464.jpg

発売中:FIDDLER'S GREEN『突っ込め!スピード・フォーク!〜Wall Of Folk』

◆UNCLEOWEN NIGHT Vol.2開催決定!
f0195042_1156393.jpg

12月9日(金)
UNCLEOWEN NIGHT ~May the FOLK be with you Vol.2
@下北沢BASEMENT BAR
OPEN/START 19:00
TICKET Adv. 2,000yen / Door. 2,500yen

LIVE
Royal SHAMROCK (ワンマン)
DJ
HIDETO (THE WILD ROVER)
BU$HI (PLEASURE SPACE)
and...?

詳細:チケット購入
LOWSON : L-CODE: 78289
e+: http://eplus.jp
UNCLEOWEN : http://www.uncleowenmusic.com
BASEMENT BAR : http://www.toos.co.jp/basementbar/b_main.html

◆UNCLEOWENのホームページはコチラ
◆Uncleowen's Deli~ROCKIN' OWLのメルマガ登録はコチラ
◆楽器カスタムメイドのお問い合わせはコチラ
◆アイリッシュ・パンクの通販サイト『UNCLEOWEN's Deli』はコチラになりました。
『ROCKIN' OWL ~UNCLEOWEN's Deli』では限定商品を中心にアイリッシュ関連商品取扱い中です。
f0195042_15505610.jpg


◆発売中
Amazon配信限定コンピ V.A.『UNCLEOWEN』(UNCL046)を今すぐ購入する
RAFVEN『スウェーデンの物語~Svensk Kultur』を今すぐ購入する
MR.IRISH BASTARD『勝手にアイリッシュやがれ!!〜Never Mind The Bastards〜』を今すぐ購入する
LEXINGTON FIELD『OLD DIRT ROAD』を今すぐ購入する
[PR]
by uncleowen | 2011-11-25 11:17 | FIDDLER'S GREEN | Comments(0)
コルピの新譜ライナーにUncleowenの事が!
■びっくりです。
コルピクラーニの新譜『コルピの神様 〜UKON WACKA』の日本盤ライナーノーツ by キャプテン和田さん に「アイリッシュ・パンク専門レーベル」といった文字を発見!
f0195042_11163164.jpg

これは、、、
Uncleowenの事じゃないですか!!

嬉しさのあまり酒が進んだのは言うまでもありません。
皆さんもコルピの新譜を買う際は、是非とも日本盤を買って、ライナーノーツを読んでみて下さい。

キャプテン和田さん、カミーンさん、奥村さん、BELLFASTの皆さん、メタル界の諸先輩方に感謝です。

May the FOLK be with you!


◆UNCLEOWENのホームページはコチラ
◆UNCLEOWENのマイスペースはコチラ
◆楽器カスタムメイドのお問い合わせはコチラ
◆アイリッシュ・パンクの通販サイト『UNCLEOWEN's Deli』はコチラになりました。
『ROCKIN' OWL ~UNCLEOWEN's Deli』では限定商品を中心にアイリッシュ関連商品取扱い中です。
f0195042_15505610.jpg


◆発売中
V.A.『UNCLEOWEN』(UNCL046)を今すぐ購入する
V.A.『May the FOLK be with you... Vol.1』(UNCL045)を今すぐ購入する
[PR]
by uncleowen | 2011-04-14 11:18 | KORPIKLAANI | Comments(0)
コレ知りませんでした。欲しいです。
■メタルの大先輩から教えていただきました!
アイルランドのフォーク・メタル・バンド、CRUACHANのEP『RIDE ON』。
f0195042_17181187.jpg

なんでもこのEPに収録されている"Ride On"という曲はfeat. Shane MacGowanだそうな。
聞きたい!欲しい!と思って通販を探ってみたら、、、
レア盤になってるようでした。。。
だいたい5,000円くらい、、、
もうちょっと探してみよ。

そもそも僕はこのCRUACHANを聞いた事が無いから、まずは聞いてみよう。
最もフォークなアイリッシュ、ブラック・メタル・バンドだそうな!
それまではコルピとELUVEITIEで我慢です。

■ついでにこっちのジプシー・デスコアも。
f0195042_17234280.jpg

このバナー格好よくないですか??
レーヴェンみたいね。

THE BARONS OF TANG 『KNOTS AND TANGLES』は絶賛発売中です。
どうぞよろしく。


◆UNCLEOWENのホームページはコチラ
◆UNCLEOWENのマイスペースはコチラ
◆アイリッシュ・パンクの通販サイト『UNCLEOWEN's Irish/Folk Punk Deli』コチラ
f0195042_1852387.gif


◆発売中
THE MIGHTY REGIS『21 ~Deluxe Edition』(UNCL040)を今すぐ予約する
THE BARONS OF TANG『KNOTS AND TANGLES』(UNCL036)を今すぐ購入する
IN SEARCH OF A ROSE『KIND OF GREEN』 (UNCL035)を今すぐ購入する

◆UNCLEOWENの音楽もO.A.中
f0195042_19361237.jpg

[PR]
by uncleowen | 2010-11-08 17:32 | SHANE MACGOWAN | Comments(0)



アンクローウェン / アンクルオーウェンのブログ。UNCLEOWEN's diary by The Japanese bastard
by uncleowen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
ライフログ
検索
カテゴリ
全体
ACROSS THE BORDER
AGAINST ME!
THE AGGROLITES
AHEAD TO THE SEA
ALLY BAND
AMY WINEHOUSE
ANUNA
BABEL ORKESTA
BARBARELLA'S BANG BA
THE BARKINS
THE BARONS OF TANG
BASTARDS ON PARADE
BASTIAN BAKER
BEN MAZUE
BILLY CHILDISH
THE BLACK TARTAN CLA
BLOOD OR WHISKEY
THE BLUE BLOODS
BRICK TOP BLAGGERS
CARLOS NUNEZ
CATGUT MARY
THE CEILI FAMILY
CIRCLE J
THE CHIEFTAINS
CRASH NOMADA
THE CREEPSHOW
CRUACHAN
THE CURRENCY
DARKBUSTER
DICK EL DEMASIADO
DOCKSIDE HOOKERS
THE DREADNOUGHTS
DREAM CATCHER
DROPKICK MURPHYS
DUBLINERS
DUCKING PUNCHES
FAR FROM FINISHED
FARLER'S FURY
FIDDLER'S GREEN
FIFIN MARKET
FIRKIN
FLATFOOT 56
FLOGGING MOLLY
FOIENOORD
FRANK TURNER
GAZ MAYALL
GILLES PETERSON
GOGOL BORDELLO
THE GREEN BANSHEES
GREENLAND WHALEFISHE
GYPSY SOUND SYSTEM
HAPPY OL'McWEASEL
THE HOLLOW POINTS
IN SEARCH OF A ROSE
JOHNSONS MOTORCAR
JUMP WITH JOEY
KADEBOSTANY
KITTY, DAISY & LEWIS
KOMODO
KORPIKLAANI
KRISTIAN ANTILLA
LEXINGTON FIELD
LIVING LACHE
THE MAGNIFICENTZ
MAHONES
THE MAHONES
MALLACAN
MATE POWER
THE MIGHTY REGIS
MOCEAN WORKER
MoDERN B Beard
MODERN SOUND QUINTET
MOHIKAN FAMILY'S
MR.IRISH BASTARD
MUSTANG
MUTINY
OLEDICKFOGGY
ONDA VAGA
PADDY AND THE RATS
PERHAPS CONTRAPTION
PERKELE
PINCH OF SNUFF
THE POGUES
PURPLEXER
QUANTIC
RAFVEN
THE RAMSHACKLE ARMY
REAL MACKENZIES
RIDDIMATES
ROB LYNCH
Robert Soko
ROYAL BUSTER
Royal SHAMROCK
THE RUMJACKS
RUM RUNNER
SHANE MACGOWAN
SHARON SHANNON
SIR REG
SKINNY LISTER
SONIDO SAN FRANCISCO
STREET DOGS
TODOPODEROSO POPULAR
THE TOSSERS
THE TROJANS
UNCLE BARD & THE DIR
THE UNDERTONES
VERY BE CAREFUL
VESPA
VIC RUGGIERO
THE WAKES
THE WELCH BOYS
WHISKEY ASYLUM
YALTA CLUB
THE ZEN HUSSIES
浅草ジンタ
踊ろうマチルダ
菅野克哉
きのこ
五社義明 (Jr.)
日々

未分類
ブズーキ
FLYING V
最新の記事
DJ Uncleowen出演..
at 2017-05-24 15:36
Korpiklaani x ..
at 2017-05-11 15:53
Fiddler's Gree..
at 2017-05-02 16:08
Fiddler’s Gree..
at 2017-04-17 17:39
Uncleowenホームペー..
at 2017-04-14 19:52
タグ