UNCLEOWEN blog

enter UNCLEOWEN's web
enter UNCLEOWEN's Facebook
follow UNCLEOWEN's twitter
enter UNCLEOWEN TV
enter UNCLEOWEN's web shop
カテゴリ:SIR REG( 2 )
【発売中!】 V.A.『FOLK ROCK』 Vol.16 Sir Reg編
■コンピ『FOLK ROCK』参加全アーティスト紹介ももう少しでおしまい。語りたいネタがいっぱいあるもんで、、何だったら一周終ったあとにもう一周しても話しが尽きない。それだけ良いアーティストが揃ってますよ。もう持ってますか?

f0195042_18584797.jpg

【全国のタワーレコードで限定発売中】V.A.『FOLK ROCK』

■今日紹介するのはスウェーデンのSir Reg(サー・レッジ)。以前1stアルバムをうちでも輸入盤のみで限定発売していましたね。
f0195042_18594742.jpg

それ以来です。ちなみにこの1stのUncleowen盤は既に売切れ、廃盤となっておりますので、持っている方は大事に保管しておいて下さい。ありがとうございます!

■既に月日は3年以上経っているんですね。その1stアルバム後、彼らは2枚のフルアルバムを発売していました。久しぶりに連絡を取った彼らは、メンバーも多少変わり、ヨーロッパでレーベルも付き、周りのスタッフも変わりで、色々と感慨深いものがありました。そんなご無沙汰な僕らのオファーを受け入れてくれたことに非常に感謝しています。
今まで出してきたアルバムは3枚全て、PaddyRock.comの年間ランキングの1位に選ばれる等々、世界中のアイリッシュ・パンク系のファンサイトで評価され、スウェーデン国内でも人気が上がっている彼ら。今の通なアイリッシュ・パンク好きはみんな知ってる、注目している、そんな「旬」なバンドです。今作『FOLK ROCK』をきかっけに彼らのアルバムの世界にも触れて頂けたら何よりです。
f0195042_197443.jpg

写真を見て分かるように、今では日系のメンバーも在籍しているんですよ。日本人のおばあちゃんに連絡する!ってとても嬉しい言葉を貰いました笑 こうゆうシーンでの日本人、日系人との出会い、個人的に凄く好きです。同じ民族が世界のシーンで戦ってるってとても嬉しいですし、誇りに思いますよ。そして羨ましい。

ちなみにタワーレコードでは全3枚のアルバムの輸入盤が買えますので(在庫があれば!急げ!)、『FOLK ROCK』に封入されている注文書を握り、店員さんに問い合わせてみて下さい。Tower.jpでも買えますよ。
f0195042_1964695.jpg

『FOLK ROCK』に収録したのは上記ジャケの3rdアルバムから選曲した"'Til The Dead Come Alive"。

ドラマティックな曲の展開が、今コンピのフィナーレに向けて誘います。

祭りって終わりに近付けば近付くほど、哀愁が増して行きますよね。
その寂しさ、でもその中にある「また来年会おう!」っていう約束感、希望感。そんなとこにも祭りの魅力を感じてます。

また来年。

でもその前にもう一騒ぎ!

そんな感じを選曲で表現してみましたが、如何でしたでしょうか?

■2014.3.19(水) 全国のタワーレコード発売!
『総参加メンバー100人超!使用楽器80種以上!呑めや踊れや世界の村祭り!』
f0195042_1939426.jpg

V.A.『FOLK ROCK』

◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■アイリッシュパンク〜ワールドミュージック専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報のみをお届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」では限定商品を中心にアイリッシュパンク〜ワールドミュジック系商品を取扱っています。
f0195042_15505610.jpg


◆発売中
FIDDLER'S GREEN『天下分け目のスピード・フォーク〜Winners & Boozers
SKINNY LISTER『FORGE & FLAGON Japan Edition
KOMODO『ようこそ不思議なサーカスへ
V.A.『JOLLY PIRATES〜海賊の宴
ONDA VAGA『MAGMA ELEMENTAL
[PR]
by uncleowen | 2014-04-15 19:18 | SIR REG | Comments(0)
SIR REG『THIS IS SIR REG』限定盤入荷
■また「ROCKIN' OWL」にて限定商品入荷情報です。
f0195042_11435899.jpg

SIR REG『THIS IS SIR REG』(UNCLEOWENによる日本語解説付CD:紙ジャケット仕様)

サー・レッグと読んでしまいそうですが、正しくはサー・レッジと読みます。
f0195042_11454614.jpg

赤毛の女の子がキュートですね。彼女、Karinはフィドル奏者です。
彼らはスウェーデンで活動するアイリッシュ/ジプシー・パンクのバンドです。そうスウェーデン。
f0195042_11465261.jpg

レーヴェンと同じ国。※新アー写
スウェーデンでは同じブッキング・エージェンシーに所属していて、しかもメンバー同士で仲が良いのもいるみたいですよ。サー・レッジのメンバーが、RasmusにUncleowenの事は聞いたとか言ってたような気がします。

そんなサー・レッジは、レーヴェンよりもロック寄りで更にサイケデリックと言いますか、歌もの中心と言いますか、アイリッシュ寄りといいますか、、、まとまりません。スカンジナビアの森からやって来た妖精が、アイリッシュ・パブに入り浸って出来た音楽といった感じです。
格好良いですよ。単純にロック・バンドとして捉えてもクールです。

8曲目の"TOMORROW'S THE DAY"は一生聞き続けたい、セイケデリックな重奏コーラスの名曲でした。

「ROCKIN' OWL」限定購入特典として、バッジも準備しています。
f0195042_11525456.jpg

スウェーデンから直送されてきた、メイド・イン・スウェーデンのバッジです。入荷数は少ないんで、終わってしまったら申し訳ございません。

■以下商品情報。

ヴァイオリン、コーラス、ティンホイッスルの旋律は深緑の森を経由し、やがて今まで聞いたこともない美しいメロディーへと融合していく

遂に今1stアルバムを持ってバンドとして動き出したレッジ卿。次の2ndアルバム、いや今作を準備期間のエピソード0とするならば、次に出るアルバムがエピソード1となり、初の1stフル・アルバムとなる事でしょう。今後同国で、バンド間のやり取りもあるレーヴェンともどう絡んで行くのでしょうか?日本ではレーベル・メイトとなったわけですからね。さあさあ冒険は始まったばかりですよ、、、続きは今作封入の日本語解説で!


※今作は「ROCKIN' OWL」のみでの取扱いです。今後「PLATINUM DISC」内にあった「UNCLEOWEN's Deli」はこの「ROCKIN' OWL」として徐々に生まれ変わっていく予定です。ちなみに、以前の「UNCLEOWEN's Deli」で登録して頂いた会員情報等は、全てこの「ROCKIN' OWL」には引き継がれませんのであしからず。申し訳ない。Uncleowenの通販は新しいスタートを切ります。


◆UNCLEOWENのホームページはコチラ
◆UNCLEOWENのマイスペースはコチラ
◆楽器カスタムメイドのお問い合わせはコチラ
◆アイリッシュ・パンクの通販サイト『UNCLEOWEN's Deli』はコチラになりました。
『ROCKIN' OWL ~UNCLEOWEN's Deli』では限定商品を中心にアイリッシュ関連商品取扱い中です。
f0195042_15505610.jpg


◆発売中
V.A.『UNCLEOWEN』(UNCL046)を今すぐ購入する
V.A.『May the FOLK be with you... Vol.1』(UNCL045)を今すぐ購入する
AHEAD TO THE SEA『…STILL ANGRY, STILL HAPPY』を今すぐ購入する
SIR REG『THIS IS SIR REG』を今すぐ購入する
THE WAKES『NO IRISH NEED APPLY』を今すぐ購入する
[PR]
by uncleowen | 2011-04-21 12:00 | SIR REG | Comments(0)



アンクローウェン / アンクルオーウェンのブログ。UNCLEOWEN's diary by The Japanese bastard
by uncleowen
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
ライフログ
検索
カテゴリ
全体
ACROSS THE BORDER
AGAINST ME!
THE AGGROLITES
AHEAD TO THE SEA
ALLY BAND
AMY WINEHOUSE
ANUNA
BABEL ORKESTA
BARBARELLA'S BANG BA
THE BARKINS
THE BARONS OF TANG
BASTARDS ON PARADE
BASTIAN BAKER
BEN MAZUE
BILLY CHILDISH
THE BLACK TARTAN CLA
BLOOD OR WHISKEY
THE BLUE BLOODS
BRICK TOP BLAGGERS
CARLOS NUNEZ
CATGUT MARY
THE CEILI FAMILY
CIRCLE J
THE CHIEFTAINS
CRASH NOMADA
THE CREEPSHOW
CRUACHAN
THE CURRENCY
DARKBUSTER
DICK EL DEMASIADO
DOCKSIDE HOOKERS
THE DREADNOUGHTS
DREAM CATCHER
DROPKICK MURPHYS
DUBLINERS
DUCKING PUNCHES
EMIR KUSTURICA
FAR FROM FINISHED
FARLER'S FURY
FIDDLER'S GREEN
FIFIN MARKET
FIRKIN
FLATFOOT 56
FLOGGING MOLLY
FOIENOORD
FRANK TURNER
GAZ MAYALL
GILLES PETERSON
GOGOL BORDELLO
THE GREEN BANSHEES
GREENLAND WHALEFISHE
GYPSY SOUND SYSTEM
HAPPY OL'McWEASEL
THE HOLLOW POINTS
IN SEARCH OF A ROSE
JOHNSONS MOTORCAR
JUMP WITH JOEY
KADEBOSTANY
KITTY, DAISY & LEWIS
KOMODO
KORPIKLAANI
KRISTIAN ANTILLA
LEXINGTON FIELD
LIVING LACHE
THE MAGNIFICENTZ
MAHONES
THE MAHONES
MALLACAN
MATE POWER
THE MIGHTY REGIS
MOCEAN WORKER
MoDERN B Beard
MODERN SOUND QUINTET
MOHIKAN FAMILY'S
MR.IRISH BASTARD
MUSTANG
MUTINY
OLEDICKFOGGY
ONDA VAGA
PADDY AND THE RATS
PERHAPS CONTRAPTION
PERKELE
PINCH OF SNUFF
THE POGUES
PURPLEXER
QUANTIC
RAFVEN
THE RAMSHACKLE ARMY
REAL MACKENZIES
RIDDIMATES
ROB LYNCH
Robert Soko
ROYAL BUSTER
Royal SHAMROCK
THE RUMJACKS
RUM RUNNER
SHANE MACGOWAN
SHARON SHANNON
SIR REG
SKINNY LISTER
SONIDO SAN FRANCISCO
STREET DOGS
TODOPODEROSO POPULAR
THE TOSSERS
THE TROJANS
UNCLE BARD & THE DIR
THE UNDERTONES
VERY BE CAREFUL
VESPA
VIC RUGGIERO
THE WAKES
THE WELCH BOYS
WHISKEY ASYLUM
YALTA CLUB
THE ZEN HUSSIES
浅草ジンタ
踊ろうマチルダ
菅野克哉
きのこ
五社義明 (Jr.)
日々
未分類

ブズーキ
FLYING V
最新の記事
Barbarella's B..
at 2017-10-24 16:49
Fiddler's Gree..
at 2017-09-07 19:25
今週土曜は、まさかのエミール..
at 2017-08-29 19:58
今週末〜来週頭に色々な場所で..
at 2017-06-15 19:12
Korpiklaani x ..
at 2017-06-02 19:48
タグ