UNCLEOWEN blog

enter UNCLEOWEN's web
enter UNCLEOWEN's Facebook
follow UNCLEOWEN's twitter
enter UNCLEOWEN TV
enter UNCLEOWEN's web shop
カテゴリ:ブズーキ( 4 )
LITTLE SCUDERIAの楽器製作記〜ブズーキ編 Vol.4〜
■LITTLE SCUDERIAによるブズーキ製作記も今回で最終回となりました。
みなさんどうでしたか?
オリジナルのカスタム楽器に対する愛情、情熱、職人の技を感じ取ってもらえたならば何よりです。
次はどんな楽器作るのでしょうか?
今後も紹介して行きますのでどうぞよろしく。

最後にこの特集で自分も楽器を作ってもらいたい!もしくはカスタム/調整して欲しいという方、以下のアドレスまでお気軽にメール下さい。
info@uncleowen-music.com

酔ろしくお願いします。

■第4回
ピックアップのチョイス

f0195042_12483117.jpg

最終的にはFISHMANというブランドのレアアース・ブレンド(市場でも最も高価な部類に入るピックアップ)を搭載しました。写真では一見普通のマグネティック・ピックアップに見えますが、サウンドホール内部にコンデンサーマイクも同時に仕込まれています。弦の鳴りをマグネティック・ピックアップで拾って、サウンドホール内部の空気感のある鳴りをコンデンサーマイクで拾うわけです。その2つを上手くミックスして音作りをするのですが、このバランスが非常に難しいです。もともとはFISHMANのアンダーサドル式ピエゾ・ピックアップを搭載していたのですが、バンドサウンドの中に入った時の方向性がイメージと若干異なったこともあり、急遽マグネティックに変更することになりました。実はピエゾだけでも2種類試しています。この演奏者の妥協の無さが零式のサウンドを形成するにあたって大きな力になっています。最終的な音はエンジニアだけではどうしようもありませんからね。

この試行錯誤が許されたのも零式が市販のブズーキよりもハウリングに強いという事実があるからです。これにはエレクトリック・ギターを普段から多く扱っているノウハウが生きています。

f0195042_1249489.jpg

エンドピン・ジャックのパネル部も勿論自作です。ブラスを削りだして磨いています。ブラスをチョイスした理由は加工性の良さもありますが、チューニングギアのゴールド色と合わせて全体のバランスを整える為でもあります。そのパネルによって殆ど隠れてしまっていますがキルテッドメイプルのライン材が入っているのも粋な部分です。

f0195042_12493062.jpg

ライブステージでは他のパートが大音量の為、サウンドホールに蓋が取り付けられます。前述した通り、サウンドホール内部にはコンデンサーマイクが仕込まれているため、外部の音までも確実に拾ってしまうのです。こうすることでハウリングに対してより強くなります。ちなみにこれは僕ではなく将さんのお手製です(笑)。


◆UNCLEOWENのホームページはコチラ
◆UNCLEOWENのマイスペースはコチラ
◆楽器カスタムメイドのお問い合わせはコチラ
◆アイリッシュ・パンクの通販サイト『UNCLEOWEN's Irish/Folk Punk Deli』コチラ
f0195042_1852387.gif

f0195042_1763740.gif


◆発売中
ACROSS THE BORDER『THE BEST SO FAR 1991-2010』(UNCL043)を今すぐ購入する
THE RUMJACKS『GANGS OF NEW HOLLAND』(UNCL039)を今すぐ購入する
THE MIGHTY REGIS『21 ~Deluxe Edition』(UNCL040)を今すぐ購入する
[PR]
by uncleowen | 2011-01-12 12:49 | ブズーキ | Comments(0)
LITTLE SCUDERIAの楽器製作記〜ブズーキ編 Vol.3〜
■前回も言いましたが、オーナーの楽器に対する隠れたこだわり。それがじわりじわりと解明されて来ましたね。
今回はボディ編です。
僕が注目して欲しいのはボディ裏のデザイン。

Royal SHAMROCKショウ氏の場合、ライブ中にブズーキとバグパイプを使用する為、時折ブズーキをストラップでかけたまま後ろに回し、バグパイプを抱えるといった姿勢になります。
そんな時にキラッと光る貝の模様。
素敵じゃないですか。

それでは第三回目です。
どうぞ!

■第3回
ボディ関連

f0195042_13443287.jpg

ブズーキという楽器は本来きらびやかなメロディを奏でる楽器です。しかしこの零式はロックバンドの大音量の中で使用される事もあるので、やはり力強さが求められました。それにはボディの大きさと胴圧、サウンドホールの大きさ、トップ材の厚みや強度(ブレーシング)が大切になるので、理論とデザインを共存させるために様々な思慮が重ねられています。またサウンドホールに関してはマグネテティックPUを搭載するという選択肢が早くから検討されていた為に各社の取り付け寸法をリサーチする必要もありました。色々な兼ね合いの元、直径88mmという数値に決定しました。

ブリッジとテールピースも勿論自作です。素材は強度のあるエボニーを使用していますが、テールピースに関してはブラス(真鍮)という金属を上手く挟み込むことで弦のボールエンドを確実に固定させる措置が施されています。

f0195042_13445538.jpg

ボディバック面にもヘッドバック同様に装飾が施されています。センターバックにラミネート貝でラインを構成することによりイヤらしくない高級感を演出しています。サイド&バック材であるウォルナットの温もりも殺すことのないバランスを考えています。また、バック面はフラット(平ら)の様に見えますが、実はほんの少しだけラウンド(カーブ)しています。このような『言われなければ気がつかないこだわり』が零式には沢山あります。

さて肝心の鳴りですが、ブズーキらしくタイトな感じです。作りたての楽器は塗料の厚みが大きく音量や音質に影響しますが、零式はライブユースである事を踏まえ、その厚みを場所により加減してあります。今はまだまだ若いサウンドですが、これから何年も弾き込んでいくことでサウンドキャラクターも良い方向に変化してきますね。これは全ての弦楽器に言えることですが、正しく調整して弾きこむ事で確実にレベルアップしていきます。楽器も生きているんですね。



◆UNCLEOWENのホームページはコチラ
◆UNCLEOWENのマイスペースはコチラ
◆楽器カスタムメイドのお問い合わせはコチラ
◆アイリッシュ・パンクの通販サイト『UNCLEOWEN's Irish/Folk Punk Deli』コチラ
f0195042_1852387.gif

f0195042_1763740.gif


◆発売中
ACROSS THE BORDER『THE BEST SO FAR 1991-2010』(UNCL043)を今すぐ購入する
THE RUMJACKS『GANGS OF NEW HOLLAND』(UNCL039)を今すぐ購入する
THE MIGHTY REGIS『21 ~Deluxe Edition』(UNCL040)を今すぐ購入する

◆UNCLEOWENの音楽もO.A.中。VOTE!
f0195042_16243053.jpg

[PR]
by uncleowen | 2011-01-11 13:45 | ブズーキ | Comments(0)
LITTLE SCUDERIAの楽器製作記〜ブズーキ編 Vol.2〜
■ブズーキ製作記。今回はヘッド周りです。個人的な意見ですが、楽器の本当の格好良さ(見た目のバランス)が決まるのはここへのこだわりが一番大事じゃないのかなと思います。
その点、このブズーキのこだわりときたら最高です。
男なら、ヘッド裏こそこだわらねば。

第2回
ヘッドとナットの弦ピッチ
f0195042_11294930.jpg

ヘッドトップには高級木材で知られるエボニー(黒檀)を使用しています。ボディ同様にメイプルとローズウッドのバインディングが施されています。ブズーキは主弦4本と副弦4本のトータル8本が張られます。独特のきらびやかなサウンドを得る為にはチューニングの精度が命です。そのためチューニングギア(ぺグ)にはエレクトリックギターで定評のあるGOTOHを採用しました。鋭角なヘッドデザインに対し、チューニングギアが丸みを帯びたものを採用することで上手く調和しています。ゴールド色もエボニーにマッチしていますね。ヘッドの形状も製図段階で何度も書き直しました。面積が小さい部分ですが、楽器のイメージを決めてしまう重要な部分です。楽器を見る場合、個人的にですがボディよりも先にヘッドに注目してしまいますね。そんな人も多いんじゃないでしょうか?

f0195042_11302851.jpg

これは側面から見た図です。木の色合い、パーツの色合いが絶妙に絡みあっているのがご覧になられると思います。ヘッド角は10度です。これは弦のテンション感(張り具合)を決める重要な要素になります。そしてそれはチューニングの安定度や音質、サスティーンにも影響してきます。楽器は音を出す物ですから、やはり製作過程においても常に音のイメージをしなければなりません。特にアコースティック楽器はボディのみならずネックが音質の要素を決める比率が大きいと思います。

ナットの弦ピッチ(弦の間隔)も演奏面と音質面に大きく影響します。特に副弦を張る楽器はシビアな設定が必要です。実際このブズーキも一度演奏してもらってからナットの交換をしています。コンマ数ミリの世界は目で見ると殆ど分かりませんが、指で触ると顕著にわかります。人間の感覚って偉大ですね。こういった所にも楽器作りの難しさと楽しさがあるんですね。

f0195042_1131952.jpg

ブズーキは弦を8本張ります。やはり弦の張力がヘッドの負担になるのでボリュートをつけて強度を稼いでいます。ヘッド裏にも黒い木材が貼ってあります。これはGibsonの超高級ギターであるcitationからインスパイアを受けました。そしてネック材にも工夫があります。良く見ると分かりますがネック材であるホンジュラス・マホガニーに2本の木がラミネートしてあります。これは反りに強くするという構造的な役割と、視覚的にネックを美しく見せる役割がありますね。ラミネートに使用している木材は企業秘密です(笑)。こういった普段は誰も気にしない場所に色々な装飾や工夫を凝らすことを我々は『粋』として楽しんでいました。加工は相当大変なんですけどね・・・苦笑



◆UNCLEOWENのホームページはコチラ
◆UNCLEOWENのマイスペースはコチラ
◆楽器カスタムメイドのお問い合わせはコチラ
◆アイリッシュ・パンクの通販サイト『UNCLEOWEN's Irish/Folk Punk Deli』コチラ
f0195042_1852387.gif

f0195042_1763740.gif


◆発売中
ACROSS THE BORDER『THE BEST SO FAR 1991-2010』(UNCL043)を今すぐ購入する
THE RUMJACKS『GANGS OF NEW HOLLAND』(UNCL039)を今すぐ購入する
THE MIGHTY REGIS『21 ~Deluxe Edition』(UNCL040)を今すぐ購入する

◆UNCLEOWENの音楽もO.A.中。VOTE!
f0195042_16243053.jpg

[PR]
by uncleowen | 2011-01-07 11:31 | ブズーキ | Comments(0)
LITTLE SCUDERIAの楽器製作記〜ブズーキ編 Vol.1〜
■UNCLEOWENに新たな仲間が乗船致しました。
f0195042_11342115.jpg

その名もLITTLE SCUDERIA
なんと今回の仲間はバンドではございません!
なんと楽器製作/カスタムを仕事とする職人の乗船です。

ピンと来ませんよね?
これからのUNCLEOWENは、CDの販売やライブだけで無く、楽器の製作やカスタムでもあなたのアイリッシュ・ライフをお手伝いします!
そうゆう事です。

まずは挨拶代わりに、LITTLE SCUDERIAが仕上げたShou(Royal SHAMROCK)のブズーキ紹介から始めましょう。
f0195042_11373184.jpg

なんとこのブズーキは一枚の板から、削り出し、加工し、製作されたこの世に一台のオーダーメイド楽器です。
今回より計4回に分けて各スペックを紹介します。
それではLITTLE SCUDERIAによる解説/画像付きでこの美しきブズーキの全貌をご覧下さい!

-----------------------------------------------------------------


第1回
スペックと製作コンセプト
f0195042_11373184.jpg

【SPEC】
Model name/零式
Owner/Shou(Royal SHAMROCK)
Scale/624mm
Radius/300R

【WOOD】
Body-Top/Lutz Spruce
Body-Side&Back/Walnut
Neck/Honduras Mahogany
Head-Top/Ebony
Fingerboard/Ebony
Bridge&Tailpiece/Ebony
Bindings/Maple(w/Rosewood)
Other/Ziricote

【INLAY】
Block/Mother of Pearl
Head/Mother of Pearl
Rosette&Snowflake/Abalone
Center-Back/Laminate

【TUNING GEAR】
GOTOH

【MIC】
FISHMAN/Rare Earth Blend

ご覧の様に一流の素材ばかりで構成されています。ボディトップにはルッツスプルース、ボディサイド/バックにはウォルナットを使用しています。木材の響きの相性と色合いを重視してチョイスしました。特にネック材のホンジュラス・マホガニーは現在入手困難な希少木材です。それら高級材の天然色を活かすというのもコンセプトの一つで、例えば漆黒のエボニー指板と光輝く白蝶貝のコントラストなどが零式の大きな魅力となっています。バランスをとるためにネックグリップを木地着色しただけで、他は色を塗っていません。木材の自然の温もりと輝きを大切にしています。

f0195042_11381143.jpg


この作品の大きなテーマとして、『何も無い状態からひとつの物を生み出す』というものがあります。もちろん製図のデータやブリッジ周りのパーツなども殆ど入手出来ません。その為まずは、アイリッシュ・ブズーキの生い立ちからサウンドを吟味して楽器の成り立ちを理解する作業から入りました。そこにオーナー様の意向(サウンド面や演奏面)を取り入れながら製図を何度も何度も書き直すわけですね。ただ、まさしく机上の計算です。ボディの形状や厚み、サウンドホールの大きさと位置、これはサウンド面と演奏面に大きな影響を及ぼすので何度も何度も打ち合わせを重ねましたね。

もうひとつのテーマとしては、シンプルでトラッドな形態の中に隠れた技術や細工を施すというものです。ボディ裏側や側面といった、普段は人の目に触れない場所にも貝細工や
バインディングをこだわっています。これもオーナー様の意向ですね。

f0195042_11384830.jpg


こうしてアイルランド伝統の楽器に、日本人の失いつつある職人魂を注入しながら製作は進んでいきました。零式というモデル名は世界を震撼させた零式艦上戦闘機(ゼロ戦)から来ています。オーナー様と製作者の個人的な思いが色々とシンクロした結果ですが、そのネーミングがこの作品を形成する核になり続けましたね。

Vol.2へ続く…



◆UNCLEOWENのホームページはコチラ
◆UNCLEOWENのマイスペースはコチラ
◆楽器カスタムメイドのお問い合わせはコチラ
◆アイリッシュ・パンクの通販サイト『UNCLEOWEN's Irish/Folk Punk Deli』コチラ
f0195042_1852387.gif

f0195042_1763740.gif


◆発売中
ACROSS THE BORDER『THE BEST SO FAR 1991-2010』(UNCL043)を今すぐ購入する
THE RUMJACKS『GANGS OF NEW HOLLAND』(UNCL039)を今すぐ購入する
THE MIGHTY REGIS『21 ~Deluxe Edition』(UNCL040)を今すぐ購入する

◆UNCLEOWENの音楽もO.A.中。VOTE!
f0195042_16243053.jpg

[PR]
by uncleowen | 2011-01-06 11:39 | ブズーキ | Comments(0)



アンクローウェン / アンクルオーウェンのブログ。UNCLEOWEN's diary by The Japanese bastard
by uncleowen
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
ライフログ
検索
カテゴリ
全体
ACROSS THE BORDER
AGAINST ME!
THE AGGROLITES
AHEAD TO THE SEA
ALLY BAND
AMY WINEHOUSE
ANUNA
BABEL ORKESTA
BARBARELLA'S BANG BA
THE BARKINS
THE BARONS OF TANG
BASTARDS ON PARADE
BASTIAN BAKER
BEN MAZUE
BILLY CHILDISH
THE BLACK TARTAN CLA
BLOOD OR WHISKEY
THE BLUE BLOODS
BRICK TOP BLAGGERS
CARLOS NUNEZ
CATGUT MARY
THE CEILI FAMILY
CIRCLE J
THE CHIEFTAINS
CRASH NOMADA
THE CREEPSHOW
CRUACHAN
THE CURRENCY
DARKBUSTER
DICK EL DEMASIADO
DOCKSIDE HOOKERS
THE DREADNOUGHTS
DREAM CATCHER
DROPKICK MURPHYS
DUBLINERS
DUCKING PUNCHES
FAR FROM FINISHED
FARLER'S FURY
FIDDLER'S GREEN
FIFIN MARKET
FIRKIN
FLATFOOT 56
FLOGGING MOLLY
FOIENOORD
FRANK TURNER
GAZ MAYALL
GILLES PETERSON
GOGOL BORDELLO
THE GREEN BANSHEES
GREENLAND WHALEFISHE
GYPSY SOUND SYSTEM
HAPPY OL'McWEASEL
THE HOLLOW POINTS
IN SEARCH OF A ROSE
JOHNSONS MOTORCAR
JUMP WITH JOEY
KADEBOSTANY
KITTY, DAISY & LEWIS
KOMODO
KORPIKLAANI
KRISTIAN ANTILLA
LEXINGTON FIELD
LIVING LACHE
THE MAGNIFICENTZ
MAHONES
THE MAHONES
MALLACAN
MATE POWER
THE MIGHTY REGIS
MOCEAN WORKER
MoDERN B Beard
MODERN SOUND QUINTET
MOHIKAN FAMILY'S
MR.IRISH BASTARD
MUSTANG
MUTINY
OLEDICKFOGGY
ONDA VAGA
PADDY AND THE RATS
PERHAPS CONTRAPTION
PERKELE
PINCH OF SNUFF
THE POGUES
PURPLEXER
QUANTIC
RAFVEN
THE RAMSHACKLE ARMY
REAL MACKENZIES
RIDDIMATES
ROB LYNCH
Robert Soko
ROYAL BUSTER
Royal SHAMROCK
THE RUMJACKS
RUM RUNNER
SHANE MACGOWAN
SHARON SHANNON
SIR REG
SKINNY LISTER
SONIDO SAN FRANCISCO
STREET DOGS
TODOPODEROSO POPULAR
THE TOSSERS
THE TROJANS
UNCLE BARD & THE DIR
THE UNDERTONES
VERY BE CAREFUL
VESPA
VIC RUGGIERO
THE WAKES
THE WELCH BOYS
WHISKEY ASYLUM
YALTA CLUB
THE ZEN HUSSIES
浅草ジンタ
踊ろうマチルダ
菅野克哉
きのこ
五社義明 (Jr.)
日々

未分類
ブズーキ
FLYING V
最新の記事
DJ Uncleowen出演..
at 2017-05-24 15:36
Korpiklaani x ..
at 2017-05-11 15:53
Fiddler's Gree..
at 2017-05-02 16:08
Fiddler’s Gree..
at 2017-04-17 17:39
Uncleowenホームペー..
at 2017-04-14 19:52
タグ