UNCLEOWEN blog

enter UNCLEOWEN's web
enter UNCLEOWEN's Facebook
follow UNCLEOWEN's twitter
enter UNCLEOWEN TV
enter UNCLEOWEN's web shop
カテゴリ:THE POGUES( 14 )
タワーレコードコラボコンピ『FOLK ROCK 2』全曲紹介 おまけ
■3/11(水)に全国のタワーレコードで限定発売するコラボコンピの第2弾『FOLK ROCK 2』。今日は収録バンドではないですが、関連のあることを紹介させて下さい。
コチラのサイトでラジエーターズ(The Radiators From Space)の主に再結成後の歴史を紐解いていく記事が紹介されていました。フィリップ(Gt,Vo)がまだ生きていた時にスティーブ(Gt)とピート(Vo,Gt)も交えて行われたインタビューを元にした記事なのですが、凄くマニアックで面白く、すぐそこで話しているかのような臨場感すら感じます。英語ですが是非読んでみて下さい。個人的には光栄にもUncleowenでリリース出来た『トラブル・ピルグリム』の日本盤のジャケも紹介されていたのが嬉しかった。バンドを知らない方の為にざっと紹介しますと、ポーグス(The Pogues)のギタリストで2013年に病で他界してしまったフィリップ・シェヴロン率いる、70年代から活動するオリジナルのパンクバンドです。

f0195042_1818631.jpg

【発売中】ザ・ラジエーターズ・フロム・スペース『トラブル・ピルグリム・ジャパン・エディション』

このアルバムはアイルランド、UK、US、日本でそれぞれ違うジャケット写真を使っているんですよ。中でも一番最後に発売したのは日本盤。US盤が出たすぐ後でもあったので、当初はUS盤のジャケットの色を変えてそのまま発売する予定だったんですよ。

f0195042_18183920.jpg

コチラがUS盤のジャケ。

でも個人的に思い入れが強く、当時はまさか一緒に仕事が出来るとは思ってもいなかったレジェンドのリリース。そこで何とか、、少しでも更に日本のファンが喜ぶことをしたい!と思い、ラジエーターズと言えばコレ!と個人的には確信しているジグザグロゴを入れさせてもらいました。最初は嫌だよ、そんな前のロゴって言われるかな?とかなり丁寧に言葉を選んで話していたのですが、、嬉しいことに!彼らもこの黄色いジグザグロゴに思い入れが大きくあったようで快く快諾してくれたことを思い出します。
今見てもいいなあ、、って一人でCD見ながらニヤけています。今作は約30年振りに発売されたラジエーターズの新作で、再結成初期までバンドに参加していた元ポーグスで元エルヴィス・コステロ(Elvis Costello)の妻でもあったケイトも数曲参加していて、日本盤ボーナストラックや大貫憲章さんによるライナーノーツも入っていて、、、と言いだしたらきりが無いほど豪華な、そしてアイリッシュパンク史上でもある意味重要な一枚となっているんですよ。是非とも手にとって頂きたいです。

■なぜ『FOLK ROCK』の紹介でこのラジエーターズの話しをしたかと言いますと、インタビューを読んでいる時に、ふと生前フィリップと話していた事を思い出したからです。それはまだこのコンピ『FOLK ROCK』のシリーズが形になる前でしたが、タワーレコードさんと打ち合わせを重ね、現実味を帯びてきたころの話し。

f0195042_18512874.jpg

【発売中】V.A.『FOLK ROCK』

世の中の洋楽リスナーにちょっと変わった民族楽器を多用した変化球ロックを偏ってお届けしよう!という意気込みのもと始まったこのコンピシリーズ。第1弾となった『FOLK ROCK』では、先ずはそのスタイルを認知させる為にあえて「フォークに寄った音」をプロデューサー陣と話し合って集めました。飛び道具的にも取れる、でも合わせて紹介した面白い音楽は第2弾に取っておこう、とも。その時にフォークじゃないよなあ、と思いながらも一応候補としてこのラジエーターズにも声を掛けていました。

実際にオファーをしたのは、先ずは第1弾が出した後に考えていた第2弾、即ち今全曲紹介しています『FOLK ROCK 2』でした。でもそれはオファーまでは行かず、こんな企画を考えているんだけど興味あるかな?程度の軽い提案でした。その提案をフィリップは気に入ってくれたんですよ。連絡を取ると最後に必ず「コンピの予定はどう?いつになる?」って聞いてくれるほどに。その時はまだ第1弾も出ていないころだったんで、「頑張ってるよ!」くらいしか返せなかったんです。。今思うと悔しいですね。
何で強引にでも第1弾に誘わなかったのか、、
それでも発売までには間に合わなかったか。。
悔しいです。

まあ、「ラジエーターズがフォークロックか?」って言われたらそれは違うと言いますが汗 言葉はただのとっかかり。コンピを1枚通して音を聞いて最後に「このアルバムどうだった?」って聞かれて「なんかわからないけど、騒がしいお祭りのフォーックロックだった!」って言ってもらえるような作品を作っています。なので第1弾に強引にでも収録して「フォークロックだ!」って言うことも出来たなあ。。まあ、それは違うか、、、考えが回る回る。

そんなことを思い出してました。
思ったことは即行動すべきですね。

ラジエーターズの曲は『FOLK ROCK』シリーズには収録されていませんが、これをきっかけにアルバムを聞いて頂けたら幸いです。


■3/11発売!ラムジャックス(The Rumjacks) 海賊共が5年ぶりに航海から帰還した!さあ宴の始まりだ!2ndアルバム『SOBER & GODLESS Japan Edition』
f0195042_1648359.jpg


■3/11タワーレコード限定発売! 総参加メンバー110人超え!使用楽器85種以上!世界の村祭り『FOLK ROCK 2』
f0195042_16482459.jpg


■日本超先行発売中!フジロック'13で最もCDが売れたスキニー・リスター(Skinny Lister)の2ndアルバム『DOWN ON DEPTFORD BROADWAY』
f0195042_17244748.jpg



◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■アイリッシュパンク〜ワールドミュージック専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報のみをお届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」では限定商品を中心にアイリッシュパンク〜ワールドミュジック系商品を取扱っています。
f0195042_15505610.jpg


◆発売中
バスティアン・ベイカー(Bastian Baker)『TOO OLD TO DIE YOUNG Japan Edition』
バーバレラス・バン・バン(Barbarella's Bang Bang)『BARBARELLA'S BANG BANG』
ハッピー・オル・マクウィーゼル(Happy Ol'McWeasel)『NO OFFENCE Japan Edition~悪く思うなよ飲んだくれ』
フィドラーズ・グリーン(Fiddler's Green)『天下分け目のスピード・フォーク〜Winners & Boozers
オンダ・バガ(Onda Vaga)『MAGMA ELEMENTAL
【タワーレコード限定発売コンピ】V.A.『FOLK ROCK
[PR]
by uncleowen | 2015-02-24 18:53 | THE POGUES | Comments(0)
サイン入りジャケット完売のお知らせ
Rockin' Owl限定で販売していたザ・ラジエーターズ・フロム・スペース(THE RADIATORS FROM SPACE)の"フィリップ直筆サイン入りジャケット付き"アルバム『トラブル・プルグリム〜ジャパン・エディション』が完売致しました。
f0195042_16254943.jpg

サイン入りジャケットは無くなりましたが、同じく2012年のポーグスとしての来日時にサインを書いて貰った"ポストカード"を数枚残しておりました。本日よりこちらの商品は"サイン入りポストカード付き"として販売再開致します。
f0195042_16294387.jpg

このポストカードを最後に、弊社で準備していたフィリップのサインは全て無くなってしまいます。
今作を今また聞いてもやっぱり悲しいですし、、辛いです。
フィリップが残してくれた音楽と、サイン。一人でも多くの、彼の音楽、人柄、生き方が好きだった人に渡ればと思っております。

FIDDLER'S GREEN新譜『天下分け目のスピード・フォーク〜Winners & Boozers』、11/6発売

1st MV "The More The Merrier" 公開中!

◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■アイリッシュパンク〜ワールドミュージック専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報のみをお届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」では限定商品を中心にアイリッシュパンク〜ワールドミュジック系商品を取扱っています。
f0195042_15505610.jpg


◆発売中
SKINNY LISTER『FORGE & FLAGON Japan Edition
KOMODO『ようこそ不思議なサーカスへ
V.A.『JOLLY PIRATES〜海賊の宴
ONDA VAGA『MAGMA ELEMENTAL
[PR]
by uncleowen | 2013-12-06 16:36 | THE POGUES | Comments(0)
Philipの思い出
■フィリップの訃報を聞いてからというもの、音楽は勿論、生前彼が行ったインタビューや、映像を色々掘り出して見てます、、、そんな中、去年、ゲスト出演したJ-Waveの番組の録音が見つかりました。
その内容がとても素晴らしかったので、、、
ですがその音源をここで丸々アップ、という訳にもいかないので、、、
文章だけで説明させて下さい。
f0195042_1585222.jpg

[Photo by Nag]

■時は2012年3月ですね。ポーグス(The Pogues)として6年ぶりに来日したフィリップ。そこに合わせて、ザ・ラジエーターズ・フロム・スペース(The Radiators From Space)の復活作『トラブル・ピルグリム』を、うちから日本盤で出しました。
f0195042_1512934.jpg

THE RADIATORS FROM SPACE『TROUBLE PILGRIM~Japan Edition』

そのプロモーションの一環でゲスト出演したラジオ、J-Wave。そこではお昼の番組「ランデブー」内に当時あった、約10分間、ゲストがメインのDJとなって、出された「テーマ」に合わせて喋り、選曲をするというコーナーに出演しました。
その時のテーマは「ダブリンの春」。
当時はまだ寒さが残る3月。ダブリンに住んでいるフィリップが紹介した「ダブリンの春」。それは日本でイメージする春は異なり、まだ寒く、雨も降っていて、、、何だか少し、もの悲しく、静かな雰囲気のDJでした。そこではポーグスで見せるお祭りのフィリップでも、ラジエーターズで見せるパンクなフィリップでも無い、また違った音楽と仲間、そして故郷を大切にする紳士フィリップの姿が見れました。選んだ曲は下記3曲。紹介時のトークと一緒に映像をご覧下さい。

フランク・シナトラ(Frank Sinatra) "スプリング・イズ・ヒア"

彼はダブリンではなくニュージャージーの生まれだけど、、、から始まり、90年代に一回だけフランク・シナトラがダブリンに来て、大きなスタジアムで開催されたライブに行った思い出を語りながらこの曲を選曲していました。

シン・リジィ(Thin Lizzy) "ダブリン"

次に紹介したのはアイルランドの英雄、そして同じダブリンの生まれで盟友のシン・リジィ。この曲はラジエーターズでもカバーしていて、その後に発売することとなった(日本盤は未発売)カバーアルバム『SOOUND CITY BEAT』にも収録されました。

ジョー・ストラマー(Joe Strummer)

最後に紹介したのは、これまた盟友のジョー・ストラマー。彼の事を歌ったラジエーターズの曲で、『トラブル・ピルグリム』の中でも最も弾ける瞬間の曲、その名も"ジョー・ストラマー"を選曲。「この曲で一緒に心地いい春を感じよう」そう言って紹介された最後の曲で、やっと太陽が出た。そんな印象でした。今頃、無事に天国でジョーと再会していますかね?「ヘーイ・ジョー」というサビを聞くと何だかまた泣けてきます。

「ダブリンの春は、とにかく雨が降り続いて、陰鬱で、、あまり良いのものじゃ無いよ」と、語っていたのが印象的でした。「それに引き換え、日本の春は暖かく、太陽もあって良いね」とも。
それなので日本人が語る「春」、日本人がイメージし、選曲する「春」とはまた違った、どちらかと言うと暗く、重い印象のトーク、曲が続く前半。でも雨は止み、顔を出した太陽のように明るい曲"ジョー・ストラマー"で〆る後半。短い時間ですが、非常にドラマチックで心地良い10分間でした。フィリップの強すぎず、弱すぎない、丁度良い響きの声もまた良いんですよ。
そう言えば出番前に、「僕は昔ラジオのDJをやっていた事もあるんだよ。だいぶ前だからしっかり喋れるかどうかは分からないけどね。でも喋る"声"には自信が有るよ笑」って話してくれたのを思い出しました。

ありがとう、フィリップ。。。
やっぱり泣けてきます。

■最後に、オリジナルは80年代初頭にリリースされたフィリップのソロ作を紹介させて下さい。
ラジエーターズポーグスでのパンクな活動だけで無く、劇場用の音楽の作曲家としても活躍していた彼の才能が爆発したアルバム。正直、彼を好きで無いと「?」な内容かも知れませんが、このアーティスティックで荒削り、目紛しくドラマティックな展開をギュッと力で押し込んだな様なエンターテインメント・ダンス・ホールに、僕は大きな衝撃を受けました。これは何とも説明しようがありません。是非聞いてみて下さい。
f0195042_15284283.jpg

フィリップ・シェヴロン『ソングス・フロム・ビルズ・ダンス・ホール』

SKINNY LISTER、無事にフジロック'13での初来日完了!


■フジロック'12で人気大爆発!アルゼンチンのお祭り集団ONDA VAGA新譜『Magma Elemental』発売中!

来日公演も決定!
ONDA VAGA JAPAN TOUR 2013
9月12日(木) 東京渋谷CLUB QUATTRO
9月13日(金) 大阪梅田SHANGRI-LA
詳しくはSmashさんのHPへ!

◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■アイリッシュパンク〜ワールドミュージック専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報のみをお届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」では限定商品を中心にアイリッシュパンク〜ワールドミュジック系商品を取扱っています。
f0195042_15505610.jpg


◆発売中
SKINNY LISTER『FORGE & FLAGON Japan Edition
KOMODO『ようこそ不思議なサーカスへ
V.A.『JOLLY PIRATES〜海賊の宴
ONDA VAGA『BEST ALBUM FOR JAPAN "MOSHI MOSHI"~楽園(パラダイス)へ行こう
[PR]
by uncleowen | 2013-10-10 15:29 | THE POGUES | Comments(0)
Thank you Philip
■今日は悲しいニュースをお知らせしないといけません。
ザ・ラジエーターズ・フロム・スペース(The Radiators From Space)、そしてザ・ポーグス(The Pogues)のギタリスト、フィリップ・シェブロンが先日、長らく戦ってきた癌のため亡くなりました。お悔やみ申し上げます。

http://pogues.com

f0195042_1139193.jpg

凄く悲しいけど、ありがとうフィリップ。短い時間でしたが、一緒に仕事が出来てとても楽しかったです。
彼は非常にパンクスで、かつ紳士でした。
多くの事を学びました。
ありがとうございます。

RIP
[PR]
by uncleowen | 2013-10-09 11:41 | THE POGUES | Comments(0)
Philip Chevronを讃えるライブがダブリンで開催
■前々から分かっていたのですが、、何と伝えたら良いのか分からずにずっとここでの紹介は避けて来た事実があります。
去年、ザ・ポーグスのメンバーとして来日し、Uncleowenからは別バンドのザ・ラジエーターズ・フロム・スペースとしての日本盤もリリースした、フィリップ・シェブロン。長年、癌と戦って来た彼ですが、去年の夏、、新たな癌が見つかり、しかもそれは既に手術不能な末期の癌であったことが、ポーグスのオフィシャルHPで発表されました。
非常にショッキングな情報だった為、日本語に訳すのも何とも慎重になりますし、何とも、、悲しい情報だったので、そのまま自分の中では塞ぎ込んでしまいました、、、
去年のポーグスとしての来日時には、短い時間ではありましたが、、フィリップはラジエーターズのプロモーションの為、インストアライブ、サイン会、インタビュー、ラジオの録音、ゲスト出演等々、とても精力的に動いてくれました。でもこうなってしまった今、思えば何て大変なスケジュールを組んでしまったんだろう、、と非常に悔しい、情けない、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

■この度「フィリップを賞賛するコンサートの開催」が、ポーグスのオフィシャルHPや、ラジエーターズのメンバーのピートを通じてfacebookでアナウンスされたので、、、塞ぎ込んでいてもしょうがない、ということで紹介させて頂きます。
f0195042_11405634.jpg

フィリップと縁のあるアーティスト達が集結し、彼を讃える為に大きなコンサートを8月24日、ダブリンで開催します。
以下出演アーティスト。
Horslips, Luka Bloom, Declan O'Rourke, Brush Shiels, Shane MacGowan, Patrick McCabe, Gavin Friday, Joseph O'Connor, Duke Special with Fiona Shaw, Paul Brady, Mary Coughlan, Paul Cleary, Aidan Gillen, Roddy Doyle, The Radiators from Space, Johnny Duhan, Michael O'Connor and family, Terry Woods, Camille O'Sullivan, Hothouse Flowers
体調次第では、フィリップ自身の出演の可能性もあるようですが、、今は只、無理せず、、これ以上悪化しないことを祈るばかりです。

■7月15日には、クリスティ・ムーアによるフィリップに贈るコンサートもダブリンで開催されるようです。
f0195042_1148553.jpg

※写真は去年の来日時、渋谷のDISK UNIONさんで開催したサイン会にて撮影

■2012年のフジロックで人気大爆発!アルゼンチンのお祭り集団Onda Vaga新譜『Magma Elemental』4月24日発売!


◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■UNCLEOWEN系通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報を週に1回程お届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」では限定商品を中心にアイリッシュ関連商品取扱い中です。
f0195042_15505610.jpg


◆発売中
KOMODO『ようこそ不思議なサーカスへ
V.A.『JOLLY PIRATES〜海賊の宴
ONDA VAGA『BEST ALBUM FOR JAPAN "MOSHI MOSHI"~楽園(パラダイス)へ行こう
ALLY BAND『WASTELAND / ウェイストランド
[PR]
by uncleowen | 2013-07-09 11:51 | THE POGUES | Comments(0)
POGUESの珍しいCD
■こちらをご覧下さい。
f0195042_1531934.jpg

THE POGUES『RUM SODOMY & THE LASH』。またの名を『ラム酒、愛、そして鞭の響き』(この邦題、大好きです。突っ込みどころがたくさん)。アイリッシュパンク界に輝く大名盤ですね。
もう一度写真をよーく見てください。一見普通のCDと思いきや、、、!

缶!

そう、缶なのです。
f0195042_15333381.jpg

缶のケースにCDが入っています。内側の作りもしっかりとしていて、ちゃんとCDが動かずに収まっているのもポイント。

しかももっとよく見ると、アーティスト名、タイトルのロゴがエンボス加工(凸凹)になってます。
f0195042_15361792.jpg


実はこれ、数年前にワーナー・フランスが発売した再発盤なんです。
ワーナーのカタログに残る、ロックの名盤の数々(他には何あったっけな?Lou Reedと、、何あったっけ?忘れました。)。それらをチョイスして、この「缶BOX」仕様で再発したんですね。

Poguesから選ばれたのはこの『RUM SODOMY & THE LASH』だけです。
ですが、嬉しいことにこの「缶BOX」の中身は、04年にボーナストラックを追加して再発されたVer.の『RUM SODOMY & THE LASH』です。
f0195042_15405520.jpg

ね、下記ボーナストラックが追加されているのが確認出来るでしょう。

Bonus Tracks
13. A Pistol For Paddy Garcia
14. London Girl
15. A Rainy Night In Soho
16. The Body Of An American
17. Planxty Noel Hill
18. The Parting Glass

この「缶BOX」。フランス以外では勿論、日本ではほぼ見かけることが無かったのです。それを今回、Rockin' Owlにて限定入荷しています。

f0195042_15453014.jpg

【発売中】THE POGUES『RUM SODOMY & THE LASH』

■特殊ケース好きとして、この「缶BOX」を激しくオススメします。BOX自体のサイズもそれほど大きくないので(CDプラケースより一回り大きいくらいで、幅はほぼ一緒)、だいたいのCDラックにも無理なく入りますよ。僕が使っているユニオンのCDラックには難なく入りました。

これは全Pogues好き、全アイリッシュ音楽好きにオススメしたいBOXです。
中身は再発Ver.ですし、04年以前のもの(ボーナストラック6曲追加無し)しか持っていない方は、これを機会に買い替えをオススメしますよ。

なんたって缶!
単純に、見た目が格好いいです。


RäfvenのPer(Dr)によるもう一つの物語、Komodoの日本デビューDVD発売決定!


◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■UNCLEOWEN系通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報を週に1回程お届けしていますので、是非ともご登録下さい。
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01127754
『ROCKIN' OWL ~UNCLEOWEN's Deli』では限定商品を中心にアイリッシュ関連商品取扱い中です。
f0195042_15505610.jpg


◆発売中
ONDA VAGA『BEST ALBUM FOR JAPAN "MOSHI MOSHI"~楽園(パラダイス)へ行こう
ALLY BAND『WASTELAND / ウェイストランド
MUSTANG『TABOU~Japan Edition
THE RADIATORS FROM SPACE『トラブル・ピルグリム・ジャパン・エディション
[PR]
by uncleowen | 2013-02-05 15:54 | THE POGUES | Comments(0)
POGUESの曲から生まれたマンガが素晴らしすぎる件
POGUESの3rd『堕ちた天使 - If I Should Fall from Grace with God』に収録されている、ちょっと怪しい感じで中東チックな名曲"Turkish Song Of The Damned"。
f0195042_20494536.jpg

POGUESファンが、その曲からインスピレーションを受けて書いたPVのようなマンガがあるのをご存知ですか?
これが素晴らしい。
f0195042_2057521.jpg

中東っぽいの怪しい雰囲気からがらっと一転してポップになるサビ、クライマックスのドタバタ乱舞等、アガる箇所が多い曲ではありますが、POGUESの中で一番この曲が好き!って人はそんなに多くはないでしょう。
それが不思議、このマンガを読んだらこの曲が持つダーク・ポップな世界にグッと引き込まれてしまい、今更ながらここ最近のヘビーローテーションとなってます。

まだ読んだことが無い方がいましたら、是非ともご覧下さい。

コチラで読めます。

言わずもがな、きっとこの曲を聞きながら読んでしまうことでしょう。

■UncleowenではPOGUESと言えばPhilip。そしてRADIATORS。
THE RADIATORS FROM SPACEによる久々の復活作『TROUBLE PILGRIM〜Japan Edition』は絶賛発売中です
f0195042_2056641.jpg

発売中:THE RADIATORS FROM SPACE『TROUBLE PILGRIM~Japan Edition』

よろしくお願いします。


ONDA VAGA(オンダ・バガ)、フジロックフェスティバル'12に全日程連続出演完了!


◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■UNCLEOWEN系通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報を週に1回程お届けしていますので、是非ともご登録下さい。
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01127754
『ROCKIN' OWL ~UNCLEOWEN's Deli』では限定商品を中心にアイリッシュ関連商品取扱い中です。
f0195042_15505610.jpg


◆発売中
ONDA VAGA『BEST ALBUM FOR JAPAN "MOSHI MOSHI"~楽園(パラダイス)へ行こう
ALLY BAND『WASTELAND / ウェイストランド
MUSTANG『TABOU~Japan Edition
THE RADIATORS FROM SPACE『トラブル・ピルグリム・ジャパン・エディション
[PR]
by uncleowen | 2012-10-18 20:58 | THE POGUES | Comments(0)
Philip(THE RADIATORS FROM SPACE/THE POGUES)来日記 Vol.4〜最終章
■そしてライブ当日。
Philip曰く「リハが始まると、ショウが終わるまで記憶が無くなるくらい集中してしまうんだ」
f0195042_174033100.jpg

Photo by Tomoyuki Nagumo

その言葉通り、彼はPogues/RadiatorsのPhilipから、PoguesのPhilipへと変わりました。ここから先は皆さんがご覧のように、数年前に来た時と何ら変わりのない、これぞ王者!な最高のショウを観せてくれました。
f0195042_17442442.jpg

Photo by Tomoyuki Nagumo

Philipとは短い時間でしたが、濃い時間を過ごせました。Poguesは今、日本からの連戦で挑むオーストラリアツアーのまっただ中。日本の次はオーストラリアの全アイリッシュパンク好きを魅了していくことでしょう。早速Rumjacksのメンバーからは「2回も見に行くぜ!」といったメールも届いています。

Irish/Folk Punkの専門レーベルをやってきて良かったなあ。
また次にPhilipに会うのはPoguesか?Radiators本隊か?その時までまた頑張っていこうと思います。

追記:
Poguesのライブ会場で限定販売していた限定Tシャツセット。
[直筆サイン付き]THE RADIATORS FROM SPACE『TROUBLE PILGRIM〜Japan Edition』Tシャツセット
サイン入りポストカードが数枚ですが、荷物の中から出て来ました。。。今から先着で、このTシャツセットをご購入の方には「Philip直筆サイン入りポストカード」をお付けします!
f0195042_174758.jpg

※もし以前ウェブショップ『Rockin' Owl』でこのTシャツセットを買っていて、今回のツアーでPhilipのサインを手に入れられなかった方いましたら、uncleowen.music@gmail.comまでご連絡下さい。優先的にサイン入りポストカードを送らせて頂きます。通販で購入された方、限定ですのでお間違えのないように。

おわり


MUSTANG(フランス)、GREEN ROOM FESTIVAL'12出演大決定!


■UNCLEOWEN系通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報を週に1回程お届けしていますので、是非ともご登録下さい。
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01127754

f0195042_1213515.jpg

2012年3月14日発売:THE RADIATORS From Space (feat. Philip Chevron from THE POGUES)『TROUBLE PILGRIM〜Japan Edition』

◆UNCLEOWENのホームページはコチラ
◆アイリッシュ/フォーク・パンク専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメルマガ登録はコチラ

◆アイリッシュ・パンクの通販サイト『UNCLEOWEN's Deli』はコチラになりました。
『ROCKIN' OWL ~UNCLEOWEN's Deli』では限定商品を中心にアイリッシュ関連商品取扱い中です。
f0195042_15505610.jpg

『ROCKIN' OWL』にて、菅野克哉 a.k.a. Tequila Production 特集ページ開設中
f0195042_1172444.jpg



◆発売中
FIDDLER'S GREEN『突っ込め!スピード・フォーク!〜Wall Of Folk』を今すぐ購入する
MR.IRISH BASTARD『勝手にアイリッシュやがれ!!〜Never Mind The Bastards〜』を今すぐ購入する
LEXINGTON FIELD『OLD DIRT ROAD』を今すぐ購入する
[PR]
by uncleowen | 2012-04-10 17:48 | THE POGUES | Comments(0)
Philip(THE RADIATORS FROM SPACE/THE POGUES)来日記 Vol.3
■Philip(The Radiators From Space / The Pogues)のプロモーション2日目。
今日はインタビューの日。

■まずはPUNK ROCK FREE PAPER MAGAZINE『OLD FASHION』の取材。
f0195042_2183617.jpg

現在配布中のVol.3でもPhilipのインタビューは掲載されていますね。そのインタビューとはまた別に、今回はVol.4用のインタビューでした。
Vol.3でもパンク好きらしく色々と深く聞いて頂きましたが、今回はまた更に深く、濃くなったインタビューがとれているはずです。次回発行を待ちましょう!
ちなみに、Vol.3が少しですがROCKIN' OWLにも入荷しています。こちらでお買い物をされた方に先着でお付けしていますので、欲しい方はお早めにどうぞ。来週あたりには無くなりそうです。RadiatorsのTシャツ付きセットのデッドストックもこれまた少しですが再入荷しています。
f0195042_21103097.jpg


■そして昨日急遽アナウンスさせてもらいましたが、J-WAVEにゲスト出演させて頂いて来ました。
f0195042_2111974.jpg

収録です。
出演させて頂いたのは番組「ランデブー」内のコーナー「MUSIC IN TOWN」
PhilipがDJとなり、喋り/選曲をするというコーナーでした。
「DJなんて初めてだよ」
と少し緊張気味に始まった収録でしたが、始まってみると流石ボーカリスト。声のトーンとリズムが心地良い。まるで何処かでレギュラー放送をやっているかのようなPhilipの喋りっぷりに驚いた人も多いのでは?
番組中には3曲を選曲しました。

以下セットリスト
M1 Spring is Here / Frank Sinatra
M2 Dublin / Thin Lizzy
M3 Joe Strummer / Radiators from the Space

この日のトークのテーマは「ダブリンの春」について。
「ダブリンの春はずっと雨が降ってるんだ。だから日本で感じるような春って感覚は僕らには無いんだ。どちらかと言うと陰鬱な季節だよ」
と言いつつの選曲がM1とM2。
これもまた味があって良いですよね。
日本で春というともう、暖かくて桜が咲いてて、、、真逆の世界。薄暗い夕方にコートの襟を立てて、頭にはハットを乗せてパブに向かう。格好良い。
これもまたアイルランドの魅力でしょう。

M3は発売中の新譜『TROUBLE PILGRIM〜Japan Edition』からのキラーチューン。友人であり、POGUESの危機を何度も救ってくれた救世主、故Joe Strummerに捧げた曲です。
この曲に関するエピソードを上記のOLD FASHIONや雑誌BOLLOCKS等のインタビュー、大貫憲章さん(KENROCKS)のライナーを読みながら聞くと、こんなにもアッパーなパンクチューンなのに何故か涙が出て来ます。

「Joeはいつも僕らのピンチを救ってくれたんだ。Shaneがいなくなったとき、プロデューサーを探していたとき、僕がPoguesを離脱しなければならなかったとき。そこにはいつも彼がいたよ。そして笑顔でこう言うんだ"オーケー、任せてくれ"ってね」

先日のDISK UNIONでのインストアライブ、Poguesのライブ当日にはカメラマンの菊池茂夫さんにも撮影して頂きました。その菊池さんが空き時間にチラッと見せてくれた生前のJoeの写真。今も変わらず暖かく、人間味に溢れた目をしていました。


つづく



MUSTANG(フランス)、GREEN ROOM FESTIVAL'12出演大決定!


■UNCLEOWEN系通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報を週に1回程お届けしていますので、是非ともご登録下さい。
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01127754

f0195042_1213515.jpg

2012年3月14日発売:THE RADIATORS From Space (feat. Philip Chevron from THE POGUES)『TROUBLE PILGRIM〜Japan Edition』

◆UNCLEOWENのホームページはコチラ
◆アイリッシュ/フォーク・パンク専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメルマガ登録はコチラ

◆アイリッシュ・パンクの通販サイト『UNCLEOWEN's Deli』はコチラになりました。
『ROCKIN' OWL ~UNCLEOWEN's Deli』では限定商品を中心にアイリッシュ関連商品取扱い中です。
f0195042_15505610.jpg

『ROCKIN' OWL』にて、菅野克哉 a.k.a. Tequila Production 特集ページ開設中
f0195042_1172444.jpg



◆発売中
FIDDLER'S GREEN『突っ込め!スピード・フォーク!〜Wall Of Folk』を今すぐ購入する
MR.IRISH BASTARD『勝手にアイリッシュやがれ!!〜Never Mind The Bastards〜』を今すぐ購入する
LEXINGTON FIELD『OLD DIRT ROAD』を今すぐ購入する
[PR]
by uncleowen | 2012-04-06 21:12 | THE POGUES | Comments(0)
Philip(THE RADIATORS FROM SPACE/THE POGUES)来日記 Vol.2
■そしてDISK UNIONを後にして、そこから徒歩30秒のSOUL SMOOTH CAFEに向かいます。
この日は恒例のTiki Radio
f0195042_14104395.jpg

USTREAM放送にて、なんとPhilipのインタビュー、アコースティックライブを開催しました。
インタビューではPOGUESの新譜の可能性について(きっぱりと"無し"。何故だかはBollocks誌のインタビュー w/Go! さん(JUNIOR)をご参照下さい)、そして今年発売されるかもしれないPOGUESのパリでのライブ音源/DVDの話しも少し出ましたね。
疲れか緊張かで僕は足の指をずっとつっていたので、大分記憶が飛んでいますが。
f0195042_14112548.jpg

菅野克哉さん(ELEQUESTA OF TABLA)、Hidekoさん(GYPSY VAGABONZ)、Kirk(THE WILD ROVER)、そしてPhilip。
まさかこの場所で"Thousands Are Sailing"が生で響き渡るとは!
f0195042_14132963.jpg


ここで豆知識。
POGUESと言えば酒飲んでブアー!という感じかもしれませんが、実はPhilipはお酒は飲まないんですよ。97年に癌を患ったときに酒を止め、回復した今でも飲んでいません。上記Bollocks誌のインタビューでも「酒をあまり飲み過ぎるなよ」と答えていましたね。炭酸入りの水を愛飲していて、バックの中に最低500mlが4本は入ってました。

■最後にPhilipをホテルまで送って行った時、ホテルからヘロヘロになって出て来たShaneに会いました。あれにはテンション上がった。ドキュメントDVDそのままでしたよ。
そしてPhilipはホテルへ、Shaneは夜の渋谷へと消えていったのでした、、、
なんともPOGUESらしい現場。

明日はライブ本番。つづく,、、

■緊急速報!
本日4月5日16時04分〜 J-WAVE「ランデブー」にて、先日録音したPhilip ChevronのDJ/インタビューが放送となります!そうです、DJです。
f0195042_14134446.jpg

勿論RADIATORSのあの新キラーチューンも流れますよ。
お聞き逃しの無いように!


MUSTANG(フランス)、GREEN ROOM FESTIVAL'12出演大決定!


■UNCLEOWEN系通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報を週に1回程お届けしていますので、是非ともご登録下さい。
https://secure.shop-pro.jp/?mode=mailmaga&shop_id=PA01127754

f0195042_1213515.jpg

2012年3月14日発売:THE RADIATORS From Space (feat. Philip Chevron from THE POGUES)『TROUBLE PILGRIM〜Japan Edition』

◆UNCLEOWENのホームページはコチラ
◆アイリッシュ/フォーク・パンク専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメルマガ登録はコチラ

◆アイリッシュ・パンクの通販サイト『UNCLEOWEN's Deli』はコチラになりました。
『ROCKIN' OWL ~UNCLEOWEN's Deli』では限定商品を中心にアイリッシュ関連商品取扱い中です。
f0195042_15505610.jpg

『ROCKIN' OWL』にて、菅野克哉 a.k.a. Tequila Production 特集ページ開設中
f0195042_1172444.jpg



◆発売中
FIDDLER'S GREEN『突っ込め!スピード・フォーク!〜Wall Of Folk』を今すぐ購入する
MR.IRISH BASTARD『勝手にアイリッシュやがれ!!〜Never Mind The Bastards〜』を今すぐ購入する
LEXINGTON FIELD『OLD DIRT ROAD』を今すぐ購入する
[PR]
by uncleowen | 2012-04-05 14:16 | THE POGUES | Comments(0)



アンクローウェン / アンクルオーウェンのブログ。UNCLEOWEN's diary by The Japanese bastard
by uncleowen
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
ライフログ
検索
カテゴリ
全体
ACROSS THE BORDER
AGAINST ME!
THE AGGROLITES
AHEAD TO THE SEA
ALLY BAND
AMY WINEHOUSE
ANUNA
BABEL ORKESTA
BARBARELLA'S BANG BA
THE BARKINS
THE BARONS OF TANG
BASTARDS ON PARADE
BASTIAN BAKER
BEN MAZUE
BILLY CHILDISH
THE BLACK TARTAN CLA
BLOOD OR WHISKEY
THE BLUE BLOODS
BRICK TOP BLAGGERS
CARLOS NUNEZ
CATGUT MARY
THE CEILI FAMILY
CIRCLE J
THE CHIEFTAINS
CRASH NOMADA
THE CREEPSHOW
CRUACHAN
THE CURRENCY
DARKBUSTER
DICK EL DEMASIADO
DOCKSIDE HOOKERS
THE DREADNOUGHTS
DREAM CATCHER
DROPKICK MURPHYS
DUBLINERS
DUCKING PUNCHES
EMIR KUSTURICA
FAR FROM FINISHED
FARLER'S FURY
FIDDLER'S GREEN
FIFIN MARKET
FIRKIN
FLATFOOT 56
FLOGGING MOLLY
FOIENOORD
FRANK TURNER
GAZ MAYALL
GILLES PETERSON
GOGOL BORDELLO
THE GREEN BANSHEES
GREENLAND WHALEFISHE
GYPSY SOUND SYSTEM
HAPPY OL'McWEASEL
THE HOLLOW POINTS
IN SEARCH OF A ROSE
JOHNSONS MOTORCAR
JUMP WITH JOEY
KADEBOSTANY
KITTY, DAISY & LEWIS
KOMODO
KORPIKLAANI
KRISTIAN ANTILLA
LEXINGTON FIELD
LIVING LACHE
THE MAGNIFICENTZ
MAHONES
THE MAHONES
MALLACAN
MATE POWER
THE MIGHTY REGIS
MOCEAN WORKER
MoDERN B Beard
MODERN SOUND QUINTET
MOHIKAN FAMILY'S
MR.IRISH BASTARD
MUSTANG
MUTINY
OLEDICKFOGGY
ONDA VAGA
PADDY AND THE RATS
PERHAPS CONTRAPTION
PERKELE
PINCH OF SNUFF
THE POGUES
PURPLEXER
QUANTIC
RAFVEN
THE RAMSHACKLE ARMY
REAL MACKENZIES
RIDDIMATES
ROB LYNCH
Robert Soko
ROYAL BUSTER
Royal SHAMROCK
THE RUMJACKS
RUM RUNNER
SHANE MACGOWAN
SHARON SHANNON
SIR REG
SKINNY LISTER
SONIDO SAN FRANCISCO
STREET DOGS
TODOPODEROSO POPULAR
THE TOSSERS
THE TROJANS
UNCLE BARD & THE DIR
THE UNDERTONES
VERY BE CAREFUL
VESPA
VIC RUGGIERO
THE WAKES
THE WELCH BOYS
WHISKEY ASYLUM
YALTA CLUB
THE ZEN HUSSIES
浅草ジンタ
踊ろうマチルダ
菅野克哉
きのこ
五社義明 (Jr.)
日々
未分類

ブズーキ
FLYING V
最新の記事
Barbarella's B..
at 2017-10-24 16:49
Fiddler's Gree..
at 2017-09-07 19:25
今週土曜は、まさかのエミール..
at 2017-08-29 19:58
今週末〜来週頭に色々な場所で..
at 2017-06-15 19:12
Korpiklaani x ..
at 2017-06-02 19:48
タグ