UNCLEOWEN blog

enter UNCLEOWEN's web
enter UNCLEOWEN's Facebook
follow UNCLEOWEN's twitter
enter UNCLEOWEN TV
enter UNCLEOWEN's web shop
カテゴリ:MOCEAN WORKER( 8 )
Gypsy Sound System Orkestraに続いてMocean Workerからもサイン入りパネルゲット!
■先日3度目のジャパンツアーが終わってしまった(寂しい、、)ジプシー・サウンド・システム・オーケストラ(Gypsy Sound System Orkestra)に続き、なんとモーション・ワーカー(Mocean Worker) aka アダム・ドーン(Adam Dorn)からもなんと!サイン入りパネルを貰いました!実は日本に観光で来てました(ほっこり)。

f0195042_18552586.jpg


このパネルも今からRockin' Owlで最新作『MOCEAN WORKER』をお買い上げの方に先着でプレゼント致します。この機会に是非とも手に入れて下さい!ファンクあり、ジャズあり、エレクトロスウィングありのUncleowenが提案する新たなパーティーアルバムですよ。
※サインパネルにはそれぞれ違うイラスト&コメントが入った世界に一点だけのものです。どのイラストが届くかはランダムとなりますのでご了承下さい。

f0195042_18575568.jpg

【発売中!】MOCEAN WORKER『MOCEAN WORKER』

モーション・ワーカーからはマーカス・ミラー(Marcus Miller)のこと、以前そのマーカスの前座としても日本にライブをやっていたこと、映画やTVドラマ音楽の制作秘話、先日ドイツで行ったライブのこと、、等々面白い話色々聞けたんでまたの機会に紹介しますね。

f0195042_1931285.jpg

タワーレコード渋谷店さんにもお邪魔していました。

お楽しみに!


フジロックフェスティバル'15毎日出演完了&全ステージ満員御礼! 10月に急遽再来日ツアーも決行!朝霧JAM'15にもメインステージに初出演!
Rafven(レーヴェン)ニューアルバム『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』発売中!
世界限定300枚!アナログ盤『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』も発売中!


◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■アイリッシュパンク〜ワールドミュージック専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報のみをお届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」ではUncleowenのツアーグッズ、限定商品を中心にアイリッシュパンク〜ワールドミュジック系商品を取扱っています。
f0195042_15505610.jpg


◆1/27(水)発売!
Gypsy Sound System Orkestra(ジプシー・サウンド・システム・オーケストラ)『VOL.1』
Mocean Worker(モーション・ワーカー)『MOCEAN WORKER』

◆発売中
Mr. Irish Bastard(ミスター・アイリッシュ・バスタード)『THE WORLD, THE FLESH & THE DEVIL Japan Edition』
Kadebostany(カデボスタニー)『POP COLLECTION Japan Edition』
Fiddler's Green(フィドラーズ・グリーン)『ベスト・オブ・スピードフォーク〜25 Blarney Roses』
Bastian Baker(バスティアン・ベイカー)『LOVERS IN JAPAN』
V.A.『FOLK ROCK 2』
[PR]
by uncleowen | 2016-04-06 19:03 | MOCEAN WORKER | Comments(0)
Mocean Workerニューアルバム『Mocean Worker』各曲紹介 Vol.4
■セルフタイトルの最新アルバム『モーション・ワーカー』を発売したばかりのUSのトラックメイカー、モーション・ワーカー(Mocean Worker)。彼が以前、マーカス・ミラー(Marcus Miller)に弟子入りした経験もあり、今や彼と共作で曲も発表するレベルにまで成長したことは紹介しましたね。
そんなモーション・ワーカーがマーカスについても書いた曲、"Ralph and Marcus"を今日は紹介します。今回もモーション・ワーカー本人による紹介です。

8. “Ralph and Marcus / ラルフ・アンド・マーカス”
この曲名にはMarcus(マーカス)とRalph(ラルフ)、2人の人物の名前を入れている。

「マーカス」
1986年、僕が15歳だったころにプロデューサー/ベーシストとして超有名のマーカス・ミラーに手紙を書いたんだ。ちょうどベースを弾き始めたころで、特に彼のベースばかりを聞いてたんだ。そこで彼のように弾きたい、自分のレコードをプロデュースしてみたいと思ってね。そう思った子供は何をすると思う?直接、手紙を書いたんだ(今だとそれはメールになるんだろうけどね)。(その後、モーション・ワーカーはそのままマーカス・ミラーに弟子入りすることとなる)生きたベーシストのレジェンドのスタジオの中で3年間も過ごせたことは、今思えば短かったけど、、相当な長さだよね。

「ラルフ」
ラルフとはパーカッション奏者のラルフ・マクドナルド(Ralph McDonald)のことなんだ。彼からも小さい頃から影響を受けたよ。彼は僕の父、ジョエル・ドーン(Joel Dorn:アトランティック・レコードでジャズ、R&Bのプロデューサーとして活躍)と多くの作品で一緒に仕事をしてきたんだ。中でも僕が感銘を受けたのは、ザ・ネヴィル・ブラザース(The Neville Brothers)のアルバム『ファイヨー・オン・ザ・バイユー(Fire On The Bayou)』だね。80〜81年の間にレコーディングされた今作で叩く、ラルフのパーカッションに本当に感動してね。それ以来、僕のリズムに対する考えがガラッと変わったほどだよ。

実はラルフこそが、マーカスのセッションミュージシャンとしての活動を辞めさせる大きな原因だったんだようだよ。ラルフはマーカスに「セッションしないか?」って尋ねた。若いマーカスは自信満々にこう言った、「ああ、やろう」と。後の話しは知っての通り。彼らのセッションの中でも1、2を争うレコーディングがグローヴァー・ワシントン・ジュニア(Grover Washington Jr.)の”ジャスト・ザ・トゥー・オブ・アス(邦題:クリスタルの恋人たち)”だ。
ここで全てが繋がった。ラルフはマーカスの指導者。マーカスは僕の音楽の道を定めてくれた偉大な師匠。そして人々が繋がっていく。だから今度は僕がこの曲”マーカス・アンド・ラルフ”を君たちに繋げて行くよ。

f0195042_17404838.jpg

【発売中!】モーション・ワーカー『モーション・ワーカー』

■前述のマーカスとモーション・ワーカーが共作した曲、"I Can't Breathe featuring Chuck D. and Mocean Worker"。この曲は惜しくも受賞は逃しましたが、今回のグラミーにもノミネートしていたマーカスの最新作『アフロディジア』に収録されています。是非こちらも合わせてチェックして下さい!



"I Can't Breathe / 息が出来ない"。人種差別、権力。とても悲しい言葉です。


フジロックフェスティバル'15毎日出演完了&全ステージ満員御礼! 10月に急遽再来日ツアーも決行!朝霧JAM'15にもメインステージに初出演!
Rafven(レーヴェン)ニューアルバム『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』発売中!
世界限定300枚!アナログ盤『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』も発売中!


◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■アイリッシュパンク〜ワールドミュージック専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報のみをお届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」ではUncleowenのツアーグッズ、限定商品を中心にアイリッシュパンク〜ワールドミュジック系商品を取扱っています。
f0195042_15505610.jpg


◆1/27(水)発売!
Gypsy Sound System Orkestra(ジプシー・サウンド・システム・オーケストラ)『VOL.1』
Mocean Worker(モーション・ワーカー)『MOCEAN WORKER』

◆発売中
Mr. Irish Bastard(ミスター・アイリッシュ・バスタード)『THE WORLD, THE FLESH & THE DEVIL Japan Edition』
Kadebostany(カデボスタニー)『POP COLLECTION Japan Edition』
Fiddler's Green(フィドラーズ・グリーン)『ベスト・オブ・スピードフォーク〜25 Blarney Roses』
Bastian Baker(バスティアン・ベイカー)『LOVERS IN JAPAN』
V.A.『FOLK ROCK 2』
[PR]
by uncleowen | 2016-02-19 17:48 | MOCEAN WORKER | Comments(0)
Mocean Workerニューアルバム『Mocean Worker』各曲紹介 Vol.3
モーション・ワーカー(Mocean Worker)による最新作『モーション・ワーカー』収録曲紹介。前回までは1〜3曲目と進んできましたが、今回はちょっと飛んで7曲目に移ります。

7. “Savoy Strut / サヴォイ・ストラット”
実は僕はディスコフリークでもあるんだ。今までのアルバムでは一回もディスコ的な曲を入れてみようなんて思いもしなかったんだけど、自分の名前を冠し、人生も集結させた今作『モーション・ワーカー』では初めて入れてみようと思ったんだ。この曲では僕が考える「ディスコとは何か?」そして「何だったか?」を表現しているよ。ヴォーカルチョップを入れることで、曲にフックを与えることも好きだからね、それも取り入れたよ。あとはファンキーなベースラインにも注目して欲しい。ベース無しのディスコミュージックが存在すると思う?あり得ないでしょ。そこも踏まえて躍動感のある音を意識して作ったよ。3:30頃にあるブレイクダウンは僕のベースヒーローでもあるピノ・パラディーノ(Pino Palladino)を意識しているよ。彼は天才だよ。その時必要な音を、その瞬時で判断出来るんだ。ゆったりとしたグルーヴに、更にゆったりとした音をオクターヴしてミックスしさせていく、、、ベーシストなら分かるでしょ?この曲はライブでの演奏を意識して作ったんだ。早くみんなの前で演奏出来る日が来ることを楽しみにしているよ!

■前作まで、特に『Enter The Mowo!』『Cinco De Mowo!』『Candy gram For Mowo!』の時期、Mowo!三部作でのモーション・ワーカーの音は「エレクトロスウィング」とざっくりと言えるものでした。そこから新曲も収録されたベスト盤を経てのリリースとなった今作『モーション・ワーカー』ではもうこの「エレクトロスウィング」という枠からは脱しているのかも知れませんね。



モーション・ワーカー史上最もファンキーな「ディスコ」アルバム、それれがこの『モーション・ワーカー』です。アメリカのポップスがディスコに回帰している現在。そのアメリカで多くのディスコソングを発表し、CM、TV、映画の音楽でも活躍しているこのモーション・ワーカー。今はスタジオ作業がメインではありますが、いつかきっと、いやそのうち彼の音楽が全米でもっと日の目を浴びる日が来ることでしょう。
なんといっても今作『モーション・ワーカー』はアメリカのiTunesチャートで7位にまで入り込む勢いを持っていますからね。
早めにチェックしてくれた皆さん、日本でも一緒に追いかけて行きましょう。

f0195042_17553056.jpg

【発売中!】モーション・ワーカー『モーション・ワーカー』

フジロックフェスティバル'15毎日出演完了&全ステージ満員御礼! 10月に急遽再来日ツアーも決行!朝霧JAM'15にもメインステージに初出演!
Rafven(レーヴェン)ニューアルバム『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』発売中!
世界限定300枚!アナログ盤『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』も発売中!


◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■アイリッシュパンク〜ワールドミュージック専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報のみをお届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」ではUncleowenのツアーグッズ、限定商品を中心にアイリッシュパンク〜ワールドミュジック系商品を取扱っています。
f0195042_15505610.jpg


◆1/27(水)発売!
Gypsy Sound System Orkestra(ジプシー・サウンド・システム・オーケストラ)『VOL.1』
Mocean Worker(モーション・ワーカー)『MOCEAN WORKER』

◆発売中
Mr. Irish Bastard(ミスター・アイリッシュ・バスタード)『THE WORLD, THE FLESH & THE DEVIL Japan Edition』
Kadebostany(カデボスタニー)『POP COLLECTION Japan Edition』
Fiddler's Green(フィドラーズ・グリーン)『ベスト・オブ・スピードフォーク〜25 Blarney Roses』
Bastian Baker(バスティアン・ベイカー)『LOVERS IN JAPAN』
V.A.『FOLK ROCK 2』
[PR]
by uncleowen | 2016-02-18 18:00 | MOCEAN WORKER | Comments(0)
Mocean Workerニューアルバム『Mocean Worker』各曲紹介 Vol.2
■セルフタイトルのニューアルバム『モーション・ワーカー』を発売したばかりのMocean Worker(モーション・ワーカー)本人による収録楽曲紹介。「最もファンキーなアルバムに仕上がった」とモーション・ワーカーも言っていましたが、今回紹介する3曲目“The Actual Funk (feat. Sweetpea Atkinson)”はそんな中でも最も「ファンキー」な楽曲。
そもそも8作目のアルバムとなる今作『モーション・ワーカー』で何故セルフタイトルを採用したのか?それは彼自身が影響を受けてきたの音楽の歴史を全て入れ込んだことがまず第一。そして第二に今作の作曲から、全ての楽器の演奏、ミックスまで「ほぼ」全てをモーション・ワーカー本人が一人で作り上げたから、です。実は最初の目標は「ほぼ」全てではなく、「全て」を一人で作り上げる予定だったのですが、、、今曲“The Actual Funk (feat. Sweetpea Atkinson)”で唯一のゲストミュージシャンが登場し、「全て」を一人で、では無くなります。その過程にも理由があったのです、、、それではモーション・ワーカーによる曲紹介をどうぞ!

3. “The Actual Funk (feat. Sweetpea Atkinson) / ジ・アクチュアル・ファンク(フィーチャリング・スウィートピー・アトキンソン)”
もし君がワズ・ノット・ワズ(Was Not Was)のスウィートピー・アトキンソン(Sweetpea Atkinson)と一緒に仕事が出来る機会があったら、、絶対にそのチャンスを逃すな!彼と出会ったのはミンディ・エイベア(Mindi Abair)の家でだったんだ。そこですぐに意気投合してね。それまでに今作『モーション・ワーカー』用の曲は何曲か書いてあったけど、何か物足りなくてね。そこで彼、スウィートピーのヴァイブスが欲しくなったんだ。今作を作るにあたって最初に「誰の力も借りずに僕だけの力で作り上げる」っていうルールを決めていたんだけど、、でもそれはスウィートピーに出会って変わったよ。スウィートピーという新しいチャンネルを手に入れたんだ。彼は今作で「唯一」のゲストミュージシャンだよ。自分で定め、自分自身に課したルールでも、そこに縛られず、時折自ら壊してみるのもまた楽しいことだよ。最近の世の中でファンク寄りのハウス・ミュージックとディスコ・ミュージックがまたメインストリームに戻ってきたことは凄く良い事だと思うんだ。僕はこれをチャンスと思い、超ヤバいグルーヴに僕のベースを乗せて、君に届けるよ、、「真のファンク / The Actual Funk」を。

f0195042_19282939.jpg

【発売中!】MOCEAN WORKER『MOCEAN WORKER』

サウンドクラウドで試聴も出来ますよ。

フジロックフェスティバル'15毎日出演完了&全ステージ満員御礼! 10月に急遽再来日ツアーも決行!朝霧JAM'15にもメインステージに初出演!
Rafven(レーヴェン)ニューアルバム『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』発売中!
世界限定300枚!アナログ盤『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』も発売中!


◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■アイリッシュパンク〜ワールドミュージック専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報のみをお届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」ではUncleowenのツアーグッズ、限定商品を中心にアイリッシュパンク〜ワールドミュジック系商品を取扱っています。
f0195042_15505610.jpg


◆1/27(水)発売!
Gypsy Sound System Orkestra(ジプシー・サウンド・システム・オーケストラ)『VOL.1』
Mocean Worker(モーション・ワーカー)『MOCEAN WORKER』

◆発売中
Mr. Irish Bastard(ミスター・アイリッシュ・バスタード)『THE WORLD, THE FLESH & THE DEVIL Japan Edition』
Kadebostany(カデボスタニー)『POP COLLECTION Japan Edition』
Fiddler's Green(フィドラーズ・グリーン)『ベスト・オブ・スピードフォーク〜25 Blarney Roses』
Bastian Baker(バスティアン・ベイカー)『LOVERS IN JAPAN』
V.A.『FOLK ROCK 2』
[PR]
by uncleowen | 2016-02-15 19:34 | MOCEAN WORKER | Comments(0)
Mocean Workerニューアルバム『Mocean Worker』各曲紹介 Vol.1
■最新アルバム『MOCEAN WORKER』を発売したばかりのモーション・ワーカー(Mocean Worker:相変わらず読めませんね、、)本人による収録曲紹介が到着したので、これから何回かに分けて各曲紹介していきますね。
ファンクで、クラブで、ジャズで、エレクトロスウィングな楽しいアルバムです。
今作『MOCEAN WORKER』を聞きながら読んで欲しいですが、、、サウンドクラウドで視聴も出来ますので、ぜひ!音を聞きながら読んで頂きたい。そして気に入ってくれたらCD買って欲しいです。

f0195042_16282736.jpg

【発売中!】MOCEAN WORKER『MOCEAN WORKER』

1. “Soul Swing / ソウル・スウィング”
最新作『MOCEAN WORKER』の冒頭を飾るこの曲は、僕の好きな音楽、ザ・ギャップ・バンド(The Gap Band)ザ・ダズ・バンド(The Dazz Band)カウント・ベイシー(Count Basie)、そしてシック(Chic)らへのある種のトリビュートのような曲なんだ。全てが新しく、かつ電子的でしょ。グルーヴとミュージシャンシップ、そしてテクノロジーを融合させて、何所か人間味も感じられるような作品にしたかったんだ。1:39あたりからのブレイクでの混沌としたヴァイヴスは、僕の作品の中でも初めての感じだね。是非聞いてみてくれ!

2. “I Told You Twice the First Time / アイ・トールド・ユー・トゥワイス・ザ・ファースト・タイム”
この曲は最新作『MOCEAN WORKER』の2曲目。エレクトロスウィングの様式を踏まえた上で、更なる未知のフィールドに足を踏み入れたような曲だね。今作を作る為にベースを弾いていた際、最初に出来た曲で、僕にとってとてつもなく速い曲でもある。僕も歳とったなあ。。これは僕と父親(ジョエル・ドーン / Joel Dorn:アトランティックレコードを始め多くのジャズ、R&B、ポップスの作品を手がけたグラミー受賞経験もある有名プロデューサー。32レコード、レーベルM、Hyenaといったレーベルも立ち上げた)との間での身内ジョークみたいなものなんだけど、、僕が子供の頃、父さんにこう怒られたんだ、、「初めて言うけど、もう2回言ったぞ(I Told You Twice the First Time)」?って笑、、そう、父さんは怒っていたから何を言っているのかすら分かっていなかったんだろうけど。でも言いたいことは分かったよ。

■今作『MOCEAN WORKER』日本盤制作時に、このモーション・ワーカーをはじめ個人的なつながりでやたらとカウント・ベイシーの名前が出て来ました。来日してたモーヴィッツ(Movits!)や、別のレーベルでお仕事ご一緒させて頂いた藤井尚之さんや、趣味で買い続けているTim Timebombの配信リリースでやら、、もうそこらじゅうで、そりゃあもうやたらと「カウント・ベイシー」。

お陰でボックスセット購入しました笑

お陰様で、、、ハマっています。


フジロックフェスティバル'15毎日出演完了&全ステージ満員御礼! 10月に急遽再来日ツアーも決行!朝霧JAM'15にもメインステージに初出演!
Rafven(レーヴェン)ニューアルバム『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』発売中!
世界限定300枚!アナログ盤『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』も発売中!


◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■アイリッシュパンク〜ワールドミュージック専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報のみをお届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」ではUncleowenのツアーグッズ、限定商品を中心にアイリッシュパンク〜ワールドミュジック系商品を取扱っています。
f0195042_15505610.jpg


◆1/27(水)発売!
Gypsy Sound System Orkestra(ジプシー・サウンド・システム・オーケストラ)『VOL.1』
Mocean Worker(モーション・ワーカー)『MOCEAN WORKER』

◆発売中
Mr. Irish Bastard(ミスター・アイリッシュ・バスタード)『THE WORLD, THE FLESH & THE DEVIL Japan Edition』
Kadebostany(カデボスタニー)『POP COLLECTION Japan Edition』
Fiddler's Green(フィドラーズ・グリーン)『ベスト・オブ・スピードフォーク〜25 Blarney Roses』
Bastian Baker(バスティアン・ベイカー)『LOVERS IN JAPAN』
V.A.『FOLK ROCK 2』
[PR]
by uncleowen | 2016-02-12 16:40 | MOCEAN WORKER | Comments(0)
新しい仲間Mocean WorkerとGypsy Sound System Orkestraのアルバム発売中!
■Uncleowenの新しい仲間、モーション・ワーカー(Mocean Worker)Gypsy Sound System Orkestra(ジプシー・サウンド・システム・オーケストラ)のニューアルバムがそれぞれ発売となりました!

f0195042_17325636.jpg

【発売中!】Mocean Worker『Mocean Worker』

f0195042_17332821.jpg

【発売中!】Gypsy Sound System Orkestra『Vol.1』

エレクトロスウィングでかつ史上最もファンキーなアルバムを完成させたモーション・ワーカー、DJ、ブラス、アコーディオンによるブチあげ系ジプシーパンク/ワールドミュージック・オーケストラのジプシー・サウンド・システム・オーケストラ
どちらもジャンル分け不可、90年代以降にクラブで勃発し世界中に飛び火したワールドミュージックの新しい形、、、要は誰もが楽しめる最強の「お祭り音楽」となってます。

是非チェックして下さい!
毎朝、毎晩、ブチあがります。

モーション・ワーカーですがUncleowenとして初めてタワーレコードのクラブミュージックのコーナーに入り、しかも看板まで付けて頂きました。実はこのモーション・ワーカーとの出会いの橋渡しをしてくれたのは、元タワーレコード社長兼CEOでiTunes Japanの取締役もやっていた僕の大先輩(畏れ多いですが)、キース・カフーンさんに以前紹介して頂いて知り合ったんですよ。「こんな格好いいトラックメイカーいるけど興味ある?Uncleowenっぽいと思うけど」って。当時バンドものしかリリースしていなかったので躊躇しましたが、頂いたCDをずっと聞いていて、、いつかリリースするチャンスを狙っていて。カデボスタニー(Kadebostany)のアルバムをリリースしてみて、なんかもうバンドに対する変なこだわりも無くなり、、元々バンドやっていたんで、そこに対する思い入れはデカかったんですよ。でも色んな音楽と出会い、可能性を試しているうちに、結果良い音楽はどんな形で作られようが良いって結論に達しました。そしてかなり時を隔ててのリリースとなりましたが、実現出来て本当に嬉しいです。
キースさんは他にも以前、スウェーデンの音楽特集記事レーヴェン(Rafven)を紹介してくれて、更に僕のレーベルのことをHipなインディーレーベルと紹介してくれて、、凄く嬉しかったんです。今はもうタワーレコードにはいないですし、アメリカに行ってしまったのですが、そんなキースさんの紹介で知り合った仲間のCDが、タワーレコードの店頭に並ぶってまた凄く嬉しいです。キースさんにもさっき写真を送ったから、きっと見ててくれるんだろうなあ。生で見て欲しいなあ。
これからもまたHipって言ってもらえるよう頑張ります。


フジロックフェスティバル'15毎日出演完了&全ステージ満員御礼! 10月に急遽再来日ツアーも決行!朝霧JAM'15にもメインステージに初出演!
Rafven(レーヴェン)ニューアルバム『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』発売中!
世界限定300枚!アナログ盤『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』も発売中!


◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■アイリッシュパンク〜ワールドミュージック専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報のみをお届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」ではUncleowenのツアーグッズ、限定商品を中心にアイリッシュパンク〜ワールドミュジック系商品を取扱っています。
f0195042_15505610.jpg


◆1/27(水)発売!
Gypsy Sound System Orkestra(ジプシー・サウンド・システム・オーケストラ)『VOL.1』
Mocean Worker(モーション・ワーカー)『MOCEAN WORKER』

◆発売中
Mr. Irish Bastard(ミスター・アイリッシュ・バスタード)『THE WORLD, THE FLESH & THE DEVIL Japan Edition』
Kadebostany(カデボスタニー)『POP COLLECTION Japan Edition』
Fiddler's Green(フィドラーズ・グリーン)『ベスト・オブ・スピードフォーク〜25 Blarney Roses』
Bastian Baker(バスティアン・ベイカー)『LOVERS IN JAPAN』
V.A.『FOLK ROCK 2』
[PR]
by uncleowen | 2016-01-28 17:54 | MOCEAN WORKER | Comments(0)
Marcus Miller『Afrodeezia』にも参加しているMocean Worker
■今月27日にUncleowenより初めてニューアルバムをリリースする、モーション・ワーカー(Mocean Worker)絶対に読めないですがモーションと発音します)。

f0195042_20115874.jpg

【1/27(水)発売!】Mocean Worker『Mocean Worker』

彼がマーカス・ミラー(Macus Miller)の弟子であることは以前も紹介しましたが、最新作『Afrodeezia』にもアーティストとして1曲参加しているんですよ。何とパブリック・エナミー(Public Enemy)のチャックDと共にフィーチャリング・アーティストとして名前もクレジットされています。"I Can't Breathe featuring Chuck D. and Mocean Worker"という曲です。アフリカ音楽を大々的にフィーチャーしたこのアルバム『Afrodeezia』。僕が言うまでもないですが、とんでもない名盤です。そこでモーション・ワーカーがチャックDと共にどれだけいい仕事をしているかは、、是非ともアルバムを買って聞いてみて下さい!



そして1/27(水)に発売するセルフタイトルを冠した自信作『Mocean Worker』もチェックして下さい!
お楽しみに!

フジロックフェスティバル'15毎日出演完了&全ステージ満員御礼! 10月に急遽再来日ツアーも決行!朝霧JAM'15にもメインステージに初出演!
Rafven(レーヴェン)ニューアルバム『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』発売中!
世界限定300枚!アナログ盤『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』も発売中!


サマーソニック2015東京ステージ両日出演!
Bastian Baker(バスティアン・ベイカー)日本限定アルバム『LOVERS IN JAPAN』発売中!

◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■アイリッシュパンク〜ワールドミュージック専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報のみをお届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」ではUncleowenのツアーグッズ、限定商品を中心にアイリッシュパンク〜ワールドミュジック系商品を取扱っています。
f0195042_15505610.jpg


◆発売中
Mr. Irish Bastard(ミスター・アイリッシュ・バスタード)『THE WORLD, THE FLESH & THE DEVIL Japan Edition』
Kadebostany(カデボスタニー)『POP COLLECTION Japan Edition』
Fiddler's Green(フィドラーズ・グリーン)『ベスト・オブ・スピードフォーク〜25 Blarney Roses』
V.A.『FOLK ROCK 2』
The Rumjacks(ザ・ラムジャックス)『SOBER & GODLESS Japan Edition』
Skinny Lister(スキニー・リスター)『DOWN ON DEPTFORD BROADWAY』
[PR]
by uncleowen | 2016-01-13 20:24 | MOCEAN WORKER | Comments(0)
UNCL今月リリースはGypsy Sound System OrkestraとMocean Worker
■明けましておめでとうございます!本年も宜しくお願い致します。
申年なので猿のビデオを!

Fiddler's Green"Yindy"(『ベスト・オブ・スピードフォーク~25 Blarney Roses』『突っ込め!スピードフォーク〜Wall Of Folk』それぞれに収録)

■今月のリリース商品を紹介します。
今月はUNCLEOWENでは今までアルバムのリリースは無かった2バンドの新譜をリリースします!どちらも1月27日(水)発売!宜しくお願いします。

先ずは以前タワーレコード限定コンピ『FOLK ROCK』に1曲収録したジプシー・サウンド・システム(Gypsy Sound System)のバンド編成、その名もジプシー・サウンド・システム・オーケストラ(Gypsy Sound System Orkestra)による初のアルバム『VOL.1』

f0195042_18234053.jpg

【1月27日(水)発売!】Gypsy Sound System Orkestra『VOL.1』

DJ x アコーディオン x ブラス x ギターによるのワールドミュージック・ブチ上げ・バンド編成!

f0195042_18345495.jpg


クラブもライブハウスも燃え上がらせる狂乱のパーティーミュージックをお届けします。
そして、何と!このバンド編成での来日も今年3月に決定しました!

「GYPSY SOUND SYSTEM ORKESTRA Japan Tour 2016」
3/12(土)福岡 LOVE FMフェスティバル
3/20(日)京都 アンスティチュ・フランセ
3/21(祝・月)大阪 フットロック&ビーアズ
3/26(土)東京 アンスティチュ・フランセ
and more!
total info: http://cyco-o.com

まだまだ3月に向けて公演は増えていくことでしょう。
上記期間の間でうちのイベントにも是非!という方いてくれましたら、是非とも uncleowen.music@gmail.com までメール下さい。調整します。

■お次はUNCLEOWEN初登場のバンド、、と言いますかDJと言いますか、ミュージシャンのモーション・ワーカー(Mocean Worker)。英語をそのまま読んだら「モー"シャン"・ワーカー」ですが、読みは「モー"ション"」とのことです。

f0195042_18342672.jpg


コイツがまた格好良い!
何と日本のTVで流れています資生堂のCM。レディー・ガガ出演で音楽もレディー・ガガとトニー・ベネットのアルバムに収録されていた"Cheek To Cheek"が流れているCM。そこで流れている曲はリミックスVer.だったのですが、何とそのリミックスを担当していたのがこのモーション・ワーカーでした。エレクトロスウィングチックな"Cheek To Cheek"。他にも米ドラマ「ブレイキング・バッド」のスピンオフ「ベター・コール・ソウル」の音楽を担当したり、映画「プラダを着た悪魔」へも楽曲を提供したり、CM、映画、ドラマ音楽と幅広く活躍しているミュージシャンです。
8枚目にして渾身のセルフタイトル作『モーション・ワーカー』をUNCLEOWENよりリリース!お楽しみに!

f0195042_18464385.jpg

【1月27日(水)発売!】Mocean Worker『Mocean Worker』


フジロックフェスティバル'15毎日出演完了&全ステージ満員御礼! 10月に急遽再来日ツアーも決行!朝霧JAM'15にもメインステージに初出演!
Rafven(レーヴェン)ニューアルバム『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』発売中!
世界限定300枚!アナログ盤『よみがえれ!キツネザウルス〜Bring Back The Dinos』も発売中!


サマーソニック2015東京ステージ両日出演!
Bastian Baker(バスティアン・ベイカー)日本限定アルバム『LOVERS IN JAPAN』発売中!

◆UNCLEOWENのホームページはコチラ

■アイリッシュパンク〜ワールドミュージック専門通販サイト「ROCKIN' OWL」のメールマガジンをご存知ですか?
おいしい情報のみをお届けしていますので、是非ともご登録下さい。
「ROCKIN' OWL」ではUncleowenのツアーグッズ、限定商品を中心にアイリッシュパンク〜ワールドミュジック系商品を取扱っています。
f0195042_15505610.jpg


◆発売中
Mr. Irish Bastard(ミスター・アイリッシュ・バスタード)『THE WORLD, THE FLESH & THE DEVIL Japan Edition』
Kadebostany(カデボスタニー)『POP COLLECTION Japan Edition』
Fiddler's Green(フィドラーズ・グリーン)『ベスト・オブ・スピードフォーク〜25 Blarney Roses』
V.A.『FOLK ROCK 2』
The Rumjacks(ザ・ラムジャックス)『SOBER & GODLESS Japan Edition』
Skinny Lister(スキニー・リスター)『DOWN ON DEPTFORD BROADWAY』
[PR]
by uncleowen | 2016-01-05 18:55 | MOCEAN WORKER | Comments(0)



アンクローウェン / アンクルオーウェンのブログ。UNCLEOWEN's diary by The Japanese bastard
by uncleowen
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
ライフログ
検索
カテゴリ
全体
ACROSS THE BORDER
AGAINST ME!
THE AGGROLITES
AHEAD TO THE SEA
ALLY BAND
AMY WINEHOUSE
ANUNA
BABEL ORKESTA
BARBARELLA'S BANG BA
THE BARKINS
THE BARONS OF TANG
BASTARDS ON PARADE
BASTIAN BAKER
BEN MAZUE
BILLY CHILDISH
THE BLACK TARTAN CLA
BLOOD OR WHISKEY
THE BLUE BLOODS
BRICK TOP BLAGGERS
CARLOS NUNEZ
CATGUT MARY
THE CEILI FAMILY
CIRCLE J
THE CHIEFTAINS
CRASH NOMADA
THE CREEPSHOW
CRUACHAN
THE CURRENCY
DARKBUSTER
DICK EL DEMASIADO
DOCKSIDE HOOKERS
THE DREADNOUGHTS
DREAM CATCHER
DROPKICK MURPHYS
DUBLINERS
DUCKING PUNCHES
EMIR KUSTURICA
FAR FROM FINISHED
FARLER'S FURY
FIDDLER'S GREEN
FIFIN MARKET
FIRKIN
FLATFOOT 56
FLOGGING MOLLY
FOIENOORD
FRANK TURNER
GAZ MAYALL
GILLES PETERSON
GOGOL BORDELLO
THE GREEN BANSHEES
GREENLAND WHALEFISHE
GYPSY SOUND SYSTEM
HAPPY OL'McWEASEL
THE HOLLOW POINTS
IN SEARCH OF A ROSE
JOHNSONS MOTORCAR
JUMP WITH JOEY
KADEBOSTANY
KITTY, DAISY & LEWIS
KOMODO
KORPIKLAANI
KRISTIAN ANTILLA
LEXINGTON FIELD
LIVING LACHE
THE MAGNIFICENTZ
MAHONES
THE MAHONES
MALLACAN
MATE POWER
THE MIGHTY REGIS
MOCEAN WORKER
MoDERN B Beard
MODERN SOUND QUINTET
MOHIKAN FAMILY'S
MR.IRISH BASTARD
MUSTANG
MUTINY
OLEDICKFOGGY
ONDA VAGA
PADDY AND THE RATS
PERHAPS CONTRAPTION
PERKELE
PINCH OF SNUFF
THE POGUES
PURPLEXER
QUANTIC
RAFVEN
THE RAMSHACKLE ARMY
REAL MACKENZIES
RIDDIMATES
ROB LYNCH
Robert Soko
ROYAL BUSTER
Royal SHAMROCK
THE RUMJACKS
RUM RUNNER
SHANE MACGOWAN
SHARON SHANNON
SIR REG
SKINNY LISTER
SONIDO SAN FRANCISCO
STREET DOGS
TODOPODEROSO POPULAR
THE TOSSERS
THE TROJANS
UNCLE BARD & THE DIR
THE UNDERTONES
VERY BE CAREFUL
VESPA
VIC RUGGIERO
THE WAKES
THE WELCH BOYS
WHISKEY ASYLUM
YALTA CLUB
THE ZEN HUSSIES
浅草ジンタ
踊ろうマチルダ
菅野克哉
きのこ
五社義明 (Jr.)
日々
未分類

ブズーキ
FLYING V
最新の記事
Fiddler's Gree..
at 2017-09-07 19:25
今週土曜は、まさかのエミール..
at 2017-08-29 19:58
今週末〜来週頭に色々な場所で..
at 2017-06-15 19:12
Korpiklaani x ..
at 2017-06-02 19:48
Johnsons Motor..
at 2017-05-31 16:02
タグ